FC2ブログ
topimage

2019-10

新年のご挨拶。 - 2010.01.01 Fri

2010年が始まりましたね。
おめでとうございます。
喪中なのでおおっぴらにできませんが…
お年賀はリュウとメトネで。

リュウメトネ

「彼方の海から…」のリュウとメトネはそのうちに第二部が始まるつもりですが、その時はこんな感じの小説扉絵ですね。
ちょっと色塗ってみました。
本格的な厚塗りはまたそのうちに。

では、今年もよろしくお願いします。





● COMMENT ●

ファンタジーって

なんか、物語の終わりがないかも~
……と、思ったりする。
↑このお話もファンタジーでしょ?
サイアートさんはファンタジーを書いてて、そう感じたりしない?
わたしは、書こうと思えばいくらでも書きつづけていけるような気がするのよ。

思ったんだけど、ファンタジーって、まあ小説はぜんぶそういうものだけど、ことに、現代物などとくらべてファンタジーは、べつの世界をえがいていくものでしょう。
すると、そのもうひとつの世界のなかでもむろんひとつのドラマがあるんだけど、それが起承転結をむかえても、なお、「もうひとつの、描き出された世界」というのは、厳然と作者のなかには残っているので、終わることがないというか……
うまくいえないんだけど、ドラマは終わっても世界が終わりをむかえることはないので、いくらでも書いていける気分というか……
いまスレートグレイを書いてて、そういう感じなんです。
もっとも、どれだけわたしの書いた世界が他人に見えているのかははかりがたいことではあるけれど。

ファンタジーを書いているひとって、もしかしてみんなこんなふうに感じているんじゃないのかって……

ああ、わかる

結局、自分が作った世界を描いてしまう、からそこに住んでいる住人のひとりひとりを生み出してしまう、ので一個一個ストーリーが出来てしまう。
で、…自分の終らないですよ~
この世界は「聖王伝」シリーズっていう物語なんだけど、まだ主人公は書いてないからなあ~
でも本当に文才がないからなかなか上手く書けない。
ゆるりゆるりと描くしかない。

架空の世界を作り上げてしまうのだから、そりゃ他人に理解させるのはかなり難しいですよね~
あんね、時間とかを書く時、普通に一時間とか書こうとするじゃん。でも自分で考えた時間を考えてもね、そんなの読む人は感覚がわからんよね~
そういうひとつひとつを語るのもめんどいからもう一時間は60分でいいか~となるんだよ~
ファンタジーだけど、現実から抜け出せんという。
自分はロマサガの世界観でやってます。

新たな年が明けましたね。
昨年中は大変なご迷惑をおかけしてすみませんでした。
でも、サイさんがあの作品をすっかり自分のものにされてるのを見て
とてもほっとしています。
今年もサイさんらしい作品をたくさん生み出して
私たちを楽しませてください。
応援しています!

さくちゃん

明けましたね~今日はダーとお買い物に行ってました~
ワンピースを観るつもりがちゃんと調べていなくて、てんで違う映画館に行ってしまい…観れなかったwww
で、急遽買い物に~バック買ったもん(*´∇`*)

そういうわけで、今年もがんばりま~す!
今年もリンミナ中心になりそうですが…
予定より結構長くなりそうです…
お見捨てなきようお願いいたします(;´▽`A``


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arrowseternal.blog57.fc2.com/tb.php/457-29ccfb2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

R-a guardian sprite その1 «  | BLOG TOP |  » 水川青弥編 「焦点」 3

プロフィール

サイアート

Author:サイアート
イラストと駄文を更新しております。

少年愛を中心としたシリアス重視なオリジナル作品でございます。

ゆっくりしていってね~

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

最新記事

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する