FC2ブログ
topimage

2019-09

ユーリとエルミザード  「黎明」 1 - 2009.07.01 Wed

ユーリとエルミザード

「黎明」
1.

ユーリ・サラディスは、母の弟であるヴァレリアウス・レイヌと並んで、夏の草原を馬で闊歩していた。
目指すはここから見える山間の向こうの小さな村の離れに住んでいる、ヴァレリアウスの師匠の邸だ。

ヴァレリアウスは、エイクアルド大帝国の重臣として長い間信頼され仕えてきたレイヌ家の跡取りで、今も皇太子の世話係として忙殺された日々を過ごしている。にも関わらず、首都イルミナスとは遠く離れた北方まで足を向けている。
ヴァレリアウスには秘密情報の特命も担っており、時折、こうして国の隅々までをも徘徊する仕事に従ているのだ。

「良く重臣の叔父上を自由にさせてくれますね、宮廷の皆さんは寛大だ。それとも大帝国の恩寵に胡坐をかいているのかな」
「ユーリ、来年の士官学校に入りたいのなら、その口の悪さをなんとかするんだね。私も試験官だけど、甘くはしないからね」

今年で12になるユーリ・サラディスは、この気さくな叔父が大好きだ。
性格だけではなく、彼は力のある魔術師、そしてこの地上の大帝国エイクアルドの重臣の中でも極めて重要なポストに位置する第一騎士団長兼軍師といういくつもの肩書きがある。
それなのにヴァレリアウスは、少しも気取らずにこの年少の甥にも礼を尽くす。
自分の知らない豊富な知識は底を知らず、そしてひとつひとつに感銘を受け、学ぶものも多い。

ユーリはヴァレリアウスを尊敬する。いわんや両親よりも信頼は厚く、できるなら傍に付き従い、彼に学びたいほどだ。
将来は彼の元で働きたいというのが、ユーリの希望だが、彼の家はこの地の名だたる魔道士の一族であり、彼はその名を継がなくてはならない身でもある。
それが窮屈なユーリは来年、エイクアルド国の宮廷士官学校の試験を受けるつもりだ。
「叔父上は講師も兼ねているんでしょ?大丈夫なの?皇太子だけじゃなく、その従兄弟のお守りまでしているそうですね」
「お守りではないさ。アルスは育ての親がわりだよ。両親がいないんでね」
「…奇特な人だなあ~忙しい身なのにそんなのまで背負い込んでいちゃ自分の楽しむ暇なんて無いじゃないですか。いくら皇太子の従兄弟だからって叔父上が世話役を引き受ける責などないでしょう。奉公するにも程ってもんがある。自分の幸せは考えていないの?」
「何を持って幸せというかの問題。私はね、レイ・ラシードとアルスの傍でお使えすることが一番の幸せなんだよ」
「じゃあ、なんでこんな辺鄙なところまで情報収集活動なんかやらなきゃならないの?他に沢山人材はいるでしょうに」
「それこそね、好きだからだよ、ユーリ」
片目をチャーミングに閉じて笑うとヴァレリアウスは馬に鞭を打つ。
「さあ、ユーリ、急ごう。日暮れるまでに着かなければ、野宿をする羽目になる」

ヴァレリアウスの師匠というライラス・ジレムの邸に着いたのは、山に落ちる陽が一日の最後の陽光を輝かせる時の頃だった。
ライラスは老人というわけではなく、ユーリの父親よりも若く見えたので、初めて出会うユーリは少し驚いた。
小声でヴァレリアウスに「あなたの師匠というから白髪のおじいさんを想像していたのに、まだ現役じゃない」
「当たり前だ。彼の闇と火の魔法の術に敵う者はいないよ」
微笑んだ後、ヴァレリアウスは師匠に甥を紹介した。

ユーリはその師匠の影に隠れるように佇むひとりの少年を見た。
見た目はユーリと変わらない年の頃。
ああ、あれがヴァレリアウスの言っていたエルミザード・アールか…と、ユーリは思った。
「初めまして、こんにちは。ユーリ・サラディスです」
人見知りという事をあまり知らないユーリは進んで、彼の前に歩み出で、握手を求めて手を差し出した。
暗い部屋の灯りでは灰色にしか見えない銀色の髪が、少し揺れ、彼はユーリをじっと見つめた。
「怖がらなくていいよ、エルミ。彼はおまえと友達になりたいのだよ」と、ライラスが言うと、エルミザードは頷き、おずおずと手を差し出した。
「…エルミザードです。よろしく…」
まだ声変わりしていない澄んだ高い声に、ユーリは容姿に違わずかわいいと思った。



                 text by saiart


2へ


実験的にやれるもんはやっていこうかと、思ってます。
この話は「彼方の海にて…」にも続くし、できるならレイ・ラシードとアルスの方にも手を付けたいと思っているので。
基本この話の更新は週一回ぐらいにしたいです。メトネ日記の方も。
どこまでやれるか…自分でも楽しみです。




にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
↑お気に召しましたらポチっとお願いします。




ユーリとエルミザード  「黎明」 2 - 2009.07.08 Wed

2.
「エルミ、元気だったかい?」
 長身のヴァレリアウスは、屈みながらエルミザードを覗くように見つめ、その頭を撫でた。
 撫でられたエルミザードは首筋を少し赤くしながら、黙って頷いた。
「背も随分伸びたようだね。ユーリとあんまり変わらない。確か同い年だったよね」
「はい、ヴァルがくれた闘月4日が誕生日です」
「勿論覚えているよ」と、ヴァレリアウスは腰の袋から小さな石を取り出した。
「これは君の誕生石だ」と、東雲色の原石の欠片をエルミザードの手の平に乗せた。
「…綺麗だ」エルミザードは驚きと喜びの入り混じった声を上げ、礼を言った。
 ヴァレリアウスを見上げるエルミザードの信頼のこもった面差しが、自分とはえらく違っているようだなと、ユーリは少しがっかりした。

 その夜、二人のお客人を持て成す為に振舞われた料理をたらふく食べたユーリは、いち早く睡魔に襲われ、席を立つことにした。
「ユーリを客室に案内して」ライラスの言葉に、エルミザードは素直に従い、ユーリを案内した。

「君はまだ居たかったんじゃないのかい?ヴァルとはまだ話し足らないだろう?」
「いいの。明日もあるし…暫くはいるのでしょう?ライラスも僕もヴァレリアウスが好きだから、嬉しいよ」
「…私の事は?」
「…勿論、好きだよ。だってヴァルの甥御さんだもの」
 屈託のない言葉に、ユーリはエルミザードの純粋さ故の残酷さが少し嫌になった。

「エルミ」
「なに?」
 ユーリの休む支度を整えたエルミザードが部屋を出ようとすると、ユーリは声をかけた。
「明日は何か予定ある?」
「うん、お昼まではいつも菜園のお世話をするの。お昼からは…葡萄狩りにでも行く?」
「ご同行させていただいてもよろしいかな?ヴァルばっかりにくっ付いてないで、私の事も忘れなきよう願いたいね」と、半分からかう口調でいうと、
「…忘れないよ」少し拗ねた声で応えた、
 顔を赤らめて膨れた風もエルミらしくていいや、と、ドアを閉めて去っていったエルミザードを見送り、ユーリはベッドに寝転がった。


 ライラスの館の広大な土地は、険しい山の中腹にある。
 厳しい冬や山からの強風など、自然への対応が平地に暮す状況と比べても過酷な為、村の集落は少し下段に偏っていた。
 人を寄せ付けないのは魔術師の得意な本質とするところだが、ライラスは人当たりもいいし、偏屈なところもない。
 ヴァレリアウスはユーリに話して聞かせた。
「あれはもう世捨て人に近い。天上から見ている者と同じ。自分の魔力をこの地上の何事にも関わらせたくないんだよ。…ユーリ、力を持つというのはね、とても怖いことなんだよ。人ひとりの命は偉大だけど、少しの魔力であっけなくその個人の思想や行動、果ては命までも関わってくる。そういうものを知り尽くした者は、もう何もかもをも離れた存在になりたがる。ライラスの姿は何十年後の自分の姿かもしれないって、よく思うよ」

 ユーリは近くの山々や畑をエルミザードの案内で散策して回った。
 初めはユーリに対してもどことなく警戒し、怖気づいていたエルミザードだったが、3日もすると、ユーリにも心を開くようになった。

 エルミザードは強い魔力を持っているがそれを使いこなせない。と、いうヴァレリアウスの言葉が本当なのかどうか、ユーリは一度試そうと、わざと足をとられたフリを演じて、農機具の鎌で腕を切ってみた。
 腕から溢れ出るユーリの血を見たエルミザードは、驚いて躊躇なくその場で止血したのだ。自らの魔力で。
 その魔力の方法、強さとも完璧な治癒法だった。
 咄嗟の出来事にエルミザードは自分の行動を後悔していた。
 彼はできるなら魔術とは一生縁のない所に居たかった。

 偉大なる魔術師ライラス・ジレムと一緒に暮らしていながら、魔法と無縁に生きるとは、またなんて現実味のない話だとユーリは呆れた。
 魔術に縁がない者でも、その魔力を持った者の傍にいればなにがしかの影響はあるはずだ。
 ライラスもヴァレリアウスもそれを知り抜いた上で、自分をここに連れて来た…と、ユーリは感じている。

「自分が言わなくても、どうせ私がエルミを説得するとヴァルは踏んでいる。さすがに当代切っての軍師だけある。自分の手は汚さないんだもの」
 ユーリはエルミザードが自らが丹精込めて育てた赤豆をせっせと捥ぐ姿を目で追いながら、一人で笑っていた。




                                         text by saiart

1へ / 3へ




背景を書いていないので、何が何やらとお思いでしょうが、このお話は、100パーセント自分の自己満足のために書いてます。
色々な話を後々関連付けていけたら楽しいかな~自分がwww( ^ω^ )



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
↑お気に召しましたらポチっとお願いします。




ユーリとエルミザード  「黎明」 3 - 2009.07.13 Mon

3.
エルミザードは自分が好きではなかった。
灰色に見える銀更紗の髪も、すべてが華奢に出来ている肢体も、魔力を使う時、銀の髪が血のように赤く染まるのも。
殊更に気に入らないのは自分の身の上で、エルミザードの父親は魔族の者であった。
魔物と人間の間に出来た子は、異種姦とみなされ、呪われた者として存在すら否定されていた。

ヴァレリアウスもライラスも、この地上の歴史において、魔族との間の子は珍しくないと言うが、エルミザードは幼い頃、母を目の前で殺され、自分も殺されかけた。
まだ6つの頃だ。

村の古臭い信仰が、エルミザードの血を畏れた。
村人の狂った感情が彼ら親子を追い詰め、母を殺されたエルミザードは怒り、嘆き悲しみ、潜在していた魔の力を解き放った。
村はエルミザードの魔力で焼かれ、エルミザードも茫然自失となり、炎の中に立ち尽くしたまま、我を忘れていた。
偶然にも、村の近くを通りかかったヴァレリアウスは、幼いエルミザードを救い、彼をライラスの元に連れてきたのだった。
ライラスの屋敷に向かう途中、ヴァレリアウスは、生きる気力を失したエルミザードに、生きる理由や希望、赦しを授けた。
エルミザードは、ヴァレリアウスという初めて信頼できうる人間に出会い、暗闇に巣食うカーテンを初めて開け放った。
そして、それまで人の目を避け、罪の子と蔑まれてきた過去を、自ら焼き払ったあの村を忘れず、己の力を自制し、正しく生きることを自分に科した。

エルミザードはこのライラスの元で一生、世俗とは関わらずに静かに過ごせたらと思う。
魔族の生きる年月は人間のそれとは違い、より長く生きられるというが、エルミザードの身体にまだその兆候はなかった。
「…だけど、いつか自分は魔物に変わるかも知れない」
それを考えると、エルミザードは自分を殺したくなる。

なぜ母は自分を産もうとしたのだろう。
父を魔物と知って交わったのか。それとも無理矢理に強姦されたのか…それだったら産まれる前に始末すればいい。
母は何も自分に教えてくれなかった。父の名前すら。
いや、魔物の父の名前を今更知ってどうするというんだ。
もし、その魔物が僕を探しだそうとしたら…もし、僕の力があの時のように、この地上の人々に災いを与えたら…

エルミザードの被害妄想癖をライラスはひとつひとつ丁寧に取り除いてくれた。
ライラスは、「誰も己の心を縛る事はできない」と、言った。
「自分自身でさえもだよ、エルミ…」低く通る声に、エルミザードはこの人が本当の父親だったら…と、何度も願った。


ユーリとヴァレリアウスが戻る日が明日に迫った。
エルミザードはひどく残念に思い、力を落とした。
自分と同じ年頃の子と仲良く過ごすのは初めてだったし、エルミザードはユーリの明るさや勘の良さ、とりわけ、自分には無い先導していく光のようなものに憧れた。
自分とは全く違う者に惹きつけられたのはユーリも同じだ。
エルミザードの生い立ちはヴァレリアウスから少しは聞いていたが、世間なれしていない純粋なエルミザードはユーリを和ませた。
日頃、自分の回りは魔術を持った大人たちで大方占められている。
さりとて魔術師となると、自分の魔力に慢心し、自慢したがり、ついでに人を貶めようと企む卑屈な人格が多い。
ユーリは一族の長になるべく幼い頃から選ばれた魔術師として教育されてきた。
自由放埓なところもあったが、その魔力を使いこなす能力も高かったため、気に入らない奴は容赦なく跪かせてきた。
弱者には力を与え、楯突く奴は切り捨てる。それがユーリのモットーだ。
しかしエルミザードは弱者ではない。一見儚げにみえる容貌の奥に、ただならぬ力を感じる。それと相反するようなエルミザードの持つ柔らかなオーラがユーリには心地いい。
ずっと傍にいたいと思わせる者に、初めて巡り会ったと、ユーリは顔を綻ばせた。

夕闇の迫る丘に並んで座った。
「君と過ごせて楽しかったよ、ユーリ。また…機会があったら遊びにきてよ」
「今度はエルミがおいでよ。私の街はこんなに豊かな景色はないが、それなりに楽しめるところだ」
「…僕がここから出るなんて…考えられない」
エルミザードはユーリの誘いを仕方なく断らざるおえないといった風に顔を沈ませた。
ユーリはその様子を見て、意を決したように立ち上がり、エルミザードの前に立った。


ye2


夕日がユーリの背中で遮られ、エルミザードは思わず彼の顔を見上げた。
「君はいつまでライラスに守られて生きていくの?それが君の望みなの?」
「違う」
「じゃあ、ひとりで歩く訓練をしなきゃ」
「訓練?」
「うん、勉強さ。沢山の人と交わり親交を深めて人込みに混じって君の居る場所を見つける」
「そんなこと僕に許される?」
「当たり前だろう。この地上に生きるすべての者は一様にその権利を有する」
「でも僕は…」
「君の親友になりたい」
「親友?」
「そう、親しい友の事。実を言うと私も今窮屈な生活を強いられていてね。そろそろ家を飛び出そうかと思っているんだ」
「え?」
「来年の王立士官学校の試験を受けて見ようと思ってる。逃げ出すにはいい理由だ。まあ、反発は食らうだろうがね。試験は難しいというけど、合格すれば5年は親元の監視もなく遊べる。しかも生活全般国費で賄うんだぜ?真面目に勉強して卒業できりゃそのまま国に雇ってもらえるし」
「でも僕は…」
「ヴァレリアウスも特別教師として鞭を揮うよ」
「え?ヴァルが?」
「やる気になった?」
「…試験は難しいんでしょ?」
「勿論、国中から集まるからね。そうだね、昨年は五千人ほど受験して、二百人の合格者だ」
「とても無理」
「やってみなきゃわからないさ。君は素質があるよ、エルミ」
「…ヴァルから聞いているでしょう?僕は忌むべき者なんだよ、ユーリ。その僕が普通のみんなと同じように生活したり勉強したり、そんな夢みたいな事をしてもいいの?」
「当たり前じゃないか。君の身体の半分の血が魔族の者であっても、君に何の咎があるの?そもそも魔族のすべて者が許さざる者なの?私は出会ったことはないけれど、もしエルミが魔族だったとしても、私はエルミと友達になりたいね」
「…僕は自分の血を畏れている。誰も憎みたくないし、あの力を呼び出させたくない」
「だから勉強さ、エルミザード。私たちはまだ12だよ。これからの長い年月を何の為にどう生きるかなんて決めるのはこれからだ。怯えているばかりじゃつまらないよ。君の力を君自身が使いこなせなきゃ意味がない。ね、せっかく巡り逢えたんだよ、ここで君と別れるのは嫌なんだ」
「ユーリ」
手を伸ばすユーリに、エルミザードは戸惑った。
この手を取っていいものか、それとも目を瞑って静かに薄暮の中で一生を終えるべきなのか…

目を開けると黄昏が逢魔が時に変わっていた。
伸ばされた手はまだ目の前にあった。
エルミザードはその手を掴んだ。
「ユーリ、君と共に生きたいと思う。それが苦しい道でも…」
「苦しみはあろうとも、希望を持って立ち向かい、突き進んでいく。それは意義のある道標となる」
「ミストラルの詩だ」
「そう、理屈っぽいが意義を見い出すにはいい詩だね」
ユーリとエルミザードはお互いを見つめ、笑いあった。

少年たちの語らいは星空が瞬き、その光が何度も夜空を駆け抜けても、終わる事はなかった。



                                              text by saiart


2へ /4へ




にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
↑お気に召しましたらポチっとお願いします。


こちらの方も参加しております。



ユーリとエルミザード イラスト - 2009.07.26 Sun

トップに飾ろうと描いてみました。

ye1


こんな感じの物語になると思う。
 



にほんブログ村 イラストブログ BLイラストへ
↑お気に召しましたらポチっとお願いします。


デフォ絵できた。 - 2009.08.17 Mon

「ユーリとエルミザード」のデフォ絵できました。

早くみんなが活躍できる日がくるのが楽しみです。

まあ、2年生からなんだが…www

ye3

それぞれに、個性が出るように描きましたが…
次はリアル絵でいきます。


にほんブログ村 イラストブログ BLイラストへ
↑お気に召しましたらポチっとお願いします。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

サイアート

Author:サイアート
イラストと駄文を更新しております。

少年愛を中心としたシリアス重視なオリジナル作品でございます。

ゆっくりしていってね~

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

最新記事

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する