FC2ブログ
topimage

2019-11

Harmony 2 - 2014.02.12 Wed

haruka.jpg


2.

ミナトと随分話してない。顔見てない。触ってない…と、気付いたのは、ほんの少し前で…。
えっ?会ってねえって?…
え~と、どんくらい経ってるだ?
…クソッ、わっかんねぇ…

駄目だ。
ここんとこほとんど寝てねえから、今が何日かもわかんねぇし。
周りを見回すと、辺り一面、特にテーブル周辺の汚さに閉口しながらも、今更ながら驚いてため息を吐く。
はぁ~…つくづく俺は駄目な奴だ。
日頃から常識が欠けてんのは認めてる。
それがこんな風に、制作期間に入ると半端なく酷い状態に陥る。
ホントに良く生きてられんなぁって思う。
半分以上はあいつらのお蔭だとわかってるけど。
そろそろ世間の空気吸わないと、マジヤバイか…

で、なんだ?
そう、ミナトだ。
…あいつ、いつ来たっけ…
えーと…ミナトが来て、なんか色々愚痴ってて、そんで、ひとりでキレて…出てった。
それきり…連絡取ってねぇ。
普通なら俺がしなくても、ミナトの方から電話なりメールなり、してくんのに…
なんか俺、あいつに悪い事したかんな~。
…なんか…
言った気が…
しない訳でもない…。

…ヤバイ…
酷い事言ったか、俺。
あの日は特に俺、向こうの世界に行っちゃってた気がする。
意識があんまり定かじゃなかった…
やべぇ、全然覚えてねぇ。
記憶もなんかあやふやだ…
あいつを傷つけた?
ひぃ、ふぅ…一週間もほっといた?
…ひでぇ…
ここ暫く頗る平穏だったし仲良かったから、安心してた。
つうか慢心?


…今何時?
…十時二十分…まだ寝てねぇよな。
よっしゃ、電話だ!

即効携帯を開いてミナトを呼び出す。
…驚いた事に、1回目のコールが鳴るか鳴らないかの間に通じた。

「ミナト?」
『…ハルくん』
「あ…今、どこ?」
『…外』
「外って…」
『歩いてんの』
「ひとりで?」
『うん…』

俺は立ち上がり、窓を開けベランダに降りた。
暗闇の中、舞い散る雪の白さにドキリとする。
手を伸ばして、幻ではない冷たさに触れた。

「雪…降ってんじゃん」
『ね、キレイだよね』
馬鹿、キレイという前にさ、
「寒いだろ?おまえ風邪引くし」
『大丈夫だって。それよりさ、おまえの方が…』
「えっ?」
『風邪引いてない?』
「いや、引いてねぇけど…ミナト、おまえどこにいんの?」
『…あのね』
「うん」
『こっからね、ハルくんのマンション、見えるよ』
「…」
『いつものコンビニのね、灯りまでねぇ…五十メートルぐらいのとこ』

見慣れたコンビニの看板は見えたけれど、辺りにミナトらしい人影は見つけられなかった。
「ミナト、コンビニで待ってろ。すぐ行くから」
『いいよ。寒いし…』
「いや、行くし。待ってて?」
『…うん』
「じゃあ」
『あっ、ハル?』
「なに?」
『…ごめんね』
「ん?」
『うん。じゃあ待ってる』
「うん」

急いでジーパン穿いてジャケットとマフラーを掴んで玄関のドアを開けた。
外を見て気付いた。
そっか、雪…
玄関に置いてある傘を取り、ドアを閉めた。

エレベーターのボタンを押して考える。
何故ミナトが謝ったのか、そこが引っかかった。
たぶん…十中八九あの時の、ミナトが怒って出て行った時のことを指すのだろう。
生憎と俺の中では、記憶に残るほどでも無かったんだ。
…にしろ、ミナトがそのことをずっと気に病んでいたとするなら、なんにも考えていなかった俺の方が謝るべきなのかも知れない。
全くもって、俺って奴はいつもこれだ。
ミナトの優しさに甘えっぱなし。
何でも許してくれるからって、それに胡坐掻いていたわけでもねえんだけど…。

駄目な自分を責めつつ、俺はミナトの待つコンビニへ走った。

コンビニの外、建物の角の隅に立っている影を見つけた。
その影が…ミナトが、俺に向かって手を振ってくれている…。



1へ /3へ

ハルカ&ミナトが気になる方は、左のカテゴリより、お楽しみ下さいね。
この下にあるカテゴリからもいけますよ。


お気に召しましたらポチなどして頂ければ、嬉しく思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


                                ハル&ミナシリーズは、ここらへんからでも行けますよ。
                                            ↓

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

Harmony 3 «  | BLOG TOP |  » Harmony 1

プロフィール

サイアート

Author:サイアート
イラストと駄文を更新しております。

少年愛を中心としたシリアス重視なオリジナル作品でございます。

ゆっくりしていってね~

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

最新記事

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する