FC2ブログ
topimage

2019-12

僕の見る夢 終 - 2008.12.09 Tue



そして一年が始まった。俺にとっては二回目の2005年の春だ。
移り往く季節の中で、世の中の事件事故もすべて全部、同じ繰り返しって事もなく、それでもおかしいと思うほどの変わった事もなくほぼ同じような過程を踏んでいる。

同じようで違う世界かもしれないって思ったりもした。
何故なら、香月の書く新曲はあの一年間に書かれた曲と全く違ったからだ。じゃああの曲達はどうなった?って考えたけど、どっちにしろ香月の作る曲には変わりはしないだろう。
香月の頭ん中に眠ったままになるのか、それともまた違った形で生み出されるのか…それだけの話だって思う。

ああ、そうだ。あの桜の木は俺がこの世界に戻って来て間もなく、季節はずれの春雷の一撃に根元までバッサリとやられた。
折れた幹の中に黒焦げの携帯が見つかって、それに雷が落ちたんだと、誰かが言ってた。
まあ、それが誰のものかは言わないでおく。
これで俺の向こうへの行く道は完全に閉ざされたわけだ。
…正直ね、悲しかったりもしたよ。
だけどさ、あの木を見るたび、胸がざわざわしてたのも事実だったから、なんか…きっぱりと諦めもついたよ。

俺と香月の仲は相変わらずだ。馬鹿みたいに仲がいい。
時々「ユキは優しくなった」って、やってる最中に言ってくるもんだから、はっ?ってなる。
そりゃね、言わないけど実はおまえよりちょこっと年上だから、ね。オトナなの。


向こうの麗乃を忘れる事は一生ないって思う。
忘れるって言うか…ぶっちゃけ好きだよ、今でも。
当たり前だろ?そんな簡単に冷めるかって話。

後悔はずっとしっぱなしだ。今でも二人の過去を消してしまった事への罪をどう償えばいいのかって悩んだりする。だけど…もし俺と麗乃の立場が逆だったらって考えると、たぶん麗乃も同じ事をしたと思うんだ。
俺を苦しませないために。

人は苦しみを耐える事より、苦しみを与えてしまった事の方が辛いんじゃないかなって思う。
その相手が好きな人だったら尚更だろう。
無責任な言い方かも知れないが、向こうの麗乃には心から幸せになって欲しいと願ってる。
そしてこの麗乃には、俺の全部をあげたいって思う。
全部って?全部だよ。
…愛想つかされない限りわね。

おまえら二人の一年間を奪った事への責任は、俺が死ぬまで負うこの罪悪感で勘弁して欲しい。

でもな…
長い夢だったような気もするんだ。
ただ、この夢は死ぬまで誰にも喋っちゃいけないし、知られちゃならない。
俺だけの秘密。
俺だけの宝物。

時折、心の奥から引きずり出して覗いてみたりすると思う。

「愛してる」って言ってくれたことも、俺を抱いてくれたことも…
「許さないけど許す」って言ってくれたことも、あの悲しい曲だって、俺は絶対忘れない。



あの「宝箱」に詰まってんのは、
大切な、大切な…


俺だけが見る夢なんだ…


bokuyume



長い間お読み下さり、ありがとうございました。
感想などございましたらご気軽にどうぞ~
次回作も楽しみに…していいのかどうか…自信はありませんが、がんばります。

● COMMENT ●

ああ、

本当に終わっちゃったんですね。
ユキがあっちにふらふら、こっちにふらふらしてるときは、
早くケリをつけてあげて~!って思ったけど、
いざ終わっちゃうと寂しいです。

ユキが一生罪悪感を負って生きていくのは納得です。
そうしなきゃならんですよ、ユキは。
ふたりの麗乃にはなんの罪もないんだから。
でも、収まるべきところに収まったという感じでほっとしました。

さて、次ですね。
今度はどんなお話でしょう。楽しみにしてます♪

ありがとうございました~

なんかやっぱ情熱がここまで書かせた気がするよ。今これが書けるかと思うと…自信ないもんね~
でも、りんみなは頑張るよ。
今ね~クリスマスHにとりかかってるよwww
え?早い?
うん、まあ出合って初めてのク~り~スマスキャロルが~♪
絵が出来たら送るよ~りんの呟きもつけるからみなよろしく!
両方決まったらアップしよう!

まあ

さすがですわ!
私はクリスマスのクの字も考えてなかった(笑)。
はい、呟くんですね。了解です。
絵、楽しみ~♪

はあ~

鍋に火を掛け、年賀状を印刷しながら、絵を描いている。まだ足らない。考えている話が文字になるPCが欲しい~
腰も痛くなるから長時間できないしさ~
くすん^_^;


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arrowseternal.blog57.fc2.com/tb.php/108-75ce0926
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あとがき «  | BLOG TOP |  » 僕の見る夢  エピローグ

プロフィール

サイアート

Author:サイアート
イラストと駄文を更新しております。

少年愛を中心としたシリアス重視なオリジナル作品でございます。

ゆっくりしていってね~

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

最新記事

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する