FC2ブログ
topimage

2019-11

Again 12 - 2019.03.04 Mon

12
 イラストはサムネイルでアップしております。
 大きく見たい方は、イラストをクリックしてくださいね。


シリウスとアーシュ

ルスラン 8

 バケツ一杯のリンゴを、食堂のシェフに頼んで、アップルパイを作ってもらった。
 勿論一人で片付けるのは不可能だから、生徒たちの食後のデザートにしてもらったのだけれど。
 出来立てのアップルパイを二切れ貰い、ハルの部屋へ持参した。
 なんとなくだが、ハルに優しくしてやりたかったのだ。
 ハルは意地っ張りだから、折角のアップルパイも予想通りに素直に喜んではくれなかった。
 僕はそういうハルも嫌いじゃない。
 それに…もしかするとアーシュに似ている所があるんじゃないかと、ハルを見て確認したかったのだ。
 驚く程の傲慢さや自己顕示欲の強さ、上目線の強情さと垣間見る無垢さ、など…。
 だが、比べてみると根本的な資質が全く違っていた。
 ハルはいつも誰かに愛されたがっている。
 誰かに必要とされたり、自分と同じ道を歩んでくれる誰かを求め、希っている。
 でもあの子は違う…。
 あの子は、誰も到達した事のない高みをたったひとりで挑んでゆく…孤高の者のような気がする。
 どれほどの孤独も、彼を壊すことはないだろう。
 あの子の持つ天賦は、僕が今まで出会ったことのない感覚だった。

「恋じゃないのか?」と、失笑しつつミカが僕に言う。
 ミカは僕と同じアルトであり、「天の王」で数人しか選ばれないホーリーでもある。
 真名は「ミカル・アンテ・ユーティライネン」。
 因みに僕はホーリーではない。
 学長のトゥエ・イェタルは、僕をホーリーには選ばなかった。だからと言って、僕がミカより劣っているとは全く思っていない。
 勿論、ミカも十分認識している。
 彼はとても優秀なアルトなのだ。

「恋?僕が十歳の子に?さすがにそれはないよ。本当にまだかわいい子供なんだから」
「でもときめいたんだろ?」
「ときめいたわけじゃなく、楽しかったんだよ」
「この上もなく、だろ?そりゃ、恋だな」
「…」
「もっとも、君がそういう話を僕に打ち明けるってことがね、青天の霹靂って話でね…」
「おい、笑うなよ」
「笑っていない。喜んでいる。中々見れない親友の朗らかな顔を見れて、心から喜んでいる」
「勝手に楽しんでいやがるけどね、僕はあの子を欲しいと思ってはいないんだよ。なんというか…あんな年下の子相手に自分でも意外なんだけど、一緒に喋っていると、楽しくてたまらなくなる。ときめくというより、高揚するって感じかな。好奇心をそそられる。あの子と共に生きられるならば、人生に退屈の文字は無いだろう」
「そこまで言うかね。まあ、僕も交際範囲は広い方だから、君のかわいいアーシュ君とやらの身元調査はまかせておきたまえ」
「いらぬおせっかいとも言うけれど、ありがたくお願いするよ。とにもかくにも、ハルにだけは言ってくれるなよ。あの子は嫉妬深いから」
「承知しているよ。言っておくけど、ハルの性分については、君よりマスターだ。それにどうせ、半年もしない内に、僕らはこの天国の監獄から釈放だし。今のうちに外で得られない悪事を経験しなきゃ損ってもんさ」
「君って奴は…」
「ところで、卒業後の行く先は決まった?進学?それとも故郷へ帰るのかい?」
「そうだな…」
 当座の問題は、それだ。

 進学したいのは山々だが、公妃は勿論、父も僕の帰還を望んでいるだろう。
 これ以上、我儘を通すわけにはいくまい。

 三日後の夜、ミカが僕の部屋へ来て、アーシュの事を教えてくれた。
「あの子って、初等科では有名でね。とにかく目立ちまくっているらしい。身体を使ってのケンカは弱くて、つっかかる相手には魔法で徹底的に叩きのめす…周りには恐ろしがられてるよ。その上、トゥエのお気に入りらしく、好き勝手に学長室に入り浸って、おもてなしってね…何をおもてなしされてんだが」
「学長がアーシュを可愛がっているのは、赤ん坊のアーシュを拾ったからなんだろう。学長はあの子の父親代わりなんだから、甘えてもおかしくはない」
「おいおい、この『天の王』で、そんな道徳がまかり通るものかい。あの子はトゥエの特別なお稚児だって噂されてるんだぜ」
「…」
 そんな感じは微塵もなかった。アーシュは誇り高い子だ。
 それに、学長は僕の知る限り、ただ唯一の信頼に値する人だ。

 それからしばらくして、僕は学長に呼び出された。
 聖堂の裏にある階段を登った奥の部屋が学長室だ。
 学長室は「天の王」に入学した以来だったから、懐かしさがこみあげても来たが、それよりもしかしたら、アーシュに会えるのでは、…という淡い期待があった。
 それと言うのも、あの林檎を収穫した日から、アーシュの姿を見つけることができなかった。
 同じ敷地に居て、彼が初等科の生徒だってわかっているのに。
 会いに行こうにも、彼がそれを望んでいないと思ったら、自分から行く勇気が持てない。
 偶然のふりをして、彼を見つけ出したいが、不思議と僕の魔力は彼には通じないのか、役には立たなかった。
 終いには、本当に彼はこの「天の王」にいるのかすら、疑ってしまう。

「ルスラン、今日、君を呼んだのは、君の進路の事なんだ。実は君の国からふたつの手紙を私宛に頂いている。ひとつは君の国元の宰相殿からの訴状。もうひとつは君のお父さんからだ」
「父から?」
「君に見せるかどうか迷ったけれど、どちらも大切なことが書かれているから、ここで読みなさい」

 僕はその手紙を受け取り、学長が勧めたソファに座り、手紙を広げた。
 メジェリ国の宰相はアッカドという気の良い老人だが、手紙の文字は公王妃のものだった。言葉は丁寧だが、要するに卒業したらすぐにでも帰国し、「天の王」で身に付けた魔力で、メジェリの役に立つ働きをしてくれと言うことだった。
 彼女の願いは最もだし、嫌な気分にはならなかった。彼女は国の為、自分の大事な息子(ユーク)の為に僕の力が必要だと、頼んでいるのだ。
 だが父の手紙は、彼女とは真逆の事が書かれてあった。
 卒業した後は、国の事は気にせずに、自分の未来をよく考え、好きな道を選びなさい…と。
 父の愛情に僕の野心は負けてしまう。

「…の言うとおりだな」
「え?」
「いえ、あの…初等科の子にしっかりしろって怒られたんです。善人すぎるって…」
「アーシュにかい?」
「…はい」
 やっぱり学長は、すべてお見通しなのだな。

「彼に『シリウス』ってあだ名を貰いました。ペットか何かみたいなノリなんだろうけれど。でも一度会ったっきりなんですけどね」
「名前までもらうとは、気に入られたのだね。そうか…」
「なにか?」
 トゥエは楽し気に私を見ながら笑みを浮かべた。
「アーシュは一度気に入った者は、色々と念の入れようでね。いや、変な意味ではなく。君が彼を求めれば、彼は君の望むものを与えるかもしれない。勿論、彼の気分次第なんだがね。何しろ彼は我儘でね」
「…」

 望み?一体、僕がアーシュに何を望んでいるというのだ。
 僕はただ、彼に会いたいと…
 会って、この窮屈な現実から逃れたいと…?

 その夜、父あてに短い手紙を書いた。
 卒業後はすぐに帰国し、父の仕事を手伝い、メジェリ国の為に生きていくと。

 春が過ぎ、あっという間に卒業の日を迎えた。
 式の翌日、学生寮を去っていく友人を見送り、粗方片付いた部屋を後に、あの林檎の木に会いに行った。
 僕が居なくなった後は、きっとあの子が見守ってくれるだろう。
 それだけで、僕はアーシュと繋がっていけるような気がした。

「さよなら。いつまでも枯れないでくれよ」
 咲き誇る小さな白い花を心に留め、僕は「天の王」を出発する覚悟を決めた。
 荷物を部屋へ取りに行くと、片付いた部屋のベッドに誰かが横になっている。
「君、ここは空室だよ…」と、息を呑む。

「アーシュ…」
 横になり目を閉じた少年が、僕の声でゆっくりと目を開け、僕を見た。

「やあ、シリウス。元気?」
 ニヤリと笑う表情が、とてつもなく僕を楽しませた。
「ここがよくわかったね」
「だって、俺、天才だもん。今日おにーさんが『天の王』から出ていくって聞いたから、会いに来てやったんだ」
「そう、ありがとう。また会えてうれしいよ」
「…」
「ホント!変な意味じゃなく、ね」
「ま、いっか。ほら、卒業祝いに俺の頭撫でさせてやるから」
 そう言って、アーシュはポンと起き上がり、僕の前に立ち、下を向き頭を差し出した。
 
 なんと言ってよいのか…
 予想もしない吉兆ってこんな感じなのかな。
 
 僕はおずおずと、アーシュの頭を撫でる。
 クセのある柔らかい黒髪が、僕の指に絡まり、梳け、また絡み…なんだか楽しくてわちゃわちゃと撫でまわしてみた。アーシュは何も言わない。
 その姿が愛おしくなり、細く小さい身体を引き寄せ、壊れないようにゆっくりと抱きしめた。

 彼は驚きもせず、「ちっ!」と舌打ちした後、暢気な声で「そこまでサービスする気はなかったんだけどなあ~」と。
「僕は自分の国に帰るんだ。そこは、とても遠くて…もう、これきり君には会うこともないだろう。だから、少しだけこのままで…」
「ばーか!」
 アーシュは僕の胸を押しやり、ふてくされた顔を見せた。
「誰がこれっきりって決めた!誰が会えないって決めた!シリウスに会うも会わねえも、俺が決めるんだよ。そんで、今日が最後にならねえって、この魔王さまが予言してやってんのっ!」
「え?」
「だ~か~ら、シリウスが俺を呼べば、ちゃんと会いにきてやるって言ってる。気が向けばの話だけどさ」
「あ…ありがとう、アーシュ。嬉しいよ、そんな言葉を貰えて」
「別に、礼は要らねえし…」
 アーシュは照れ隠しなのか頭を掻きながら、口を尖らせた。
 まるで普通の十歳の子供のように。

「まあ、いっか。じゃあね、シリウス。今度、会った時は本当の名前を呼んでやるよ」
 そう言うとアーシュは空いた窓に足を掛け、いきなり外へ飛びだした。
 二階とはいえ、僕は慌ててアーシュの姿を追う。
 窓の下を見ると、彼は振り向きもせずに脱兎のごとく走り去っていく。

「ありがとう…ありがとう」
 そう何度も言わずにはいられなかった。

 何故なら、アーシュは僕に生きる希望を与えてくれたのだから。



Again 11へ /13へ

もはやアーシュが主役の座を奪い取ったな…大丈夫かな、ハルとルスラン…(´・ω・`)

このお話は「senso」の世界に繋がっています。
色々なお話がありますので、それぞれ左のカテゴリから、どうぞ~


お気に召しましたらポチなどして頂ければ、嬉しく思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

Again 13 «  | BLOG TOP |  » 三月表紙イラスト

プロフィール

サイアート

Author:サイアート
イラストと駄文を更新しております。

少年愛を中心としたシリアス重視なオリジナル作品でございます。

ゆっくりしていってね~

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

最新記事

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する