FC2ブログ
topimage

2019-11

宿禰凛一 「密やかな恋の始まり」 4 - 2009.02.24 Tue

4.
長い長い夏休みが始まった。

毎日暇を持て余し気味ではあったが、父優一が昨年再婚した女性を連れてくるなり、夏休み中は一緒に同居って事で、何だか嬉し恥ずかし状態での日々に激変。
実は、外交官の父は日本に長期に居ることは少なかったから、久しぶりに会うと俺は結構気を使ったりする。
この新しい母親とも電話で何度か挨拶した程度だ。
去年の俺の問題が色々あったので、再婚したばかりで迷惑をかけるわけにもいかず、事件のことは曖昧にぼかしてあるんだ。

実際会ってみるとこれが素敵にチャーミングなおばさんで、俺も慧一もすぐに気にいった。
料理も上手いし、暇があれば料理やお菓子の作り方など色々と教えてくれる。
「これからは男の子も何でもやらなきゃモテないわよ~慧一君も凛一君も色男だからって胡坐掻いてちゃダメよ。家事が出来てこその色男!私がしっかりと仕込んであげるわ」などと言い、いいように手伝わされている。
実母の記憶は俺にはよく染み付いていないが、母とは違う、全く新しい風を吹き込んでくれるこの母親が俺は好きだ。

学院の方では夏休みの間でも夏期講習があってはいたが、俺は参加しておらず、わざわざ登校する必要はなかったが、時折「詩人の会」の会合があり、仕方無しに片道徒歩15分の校舎まで出向いてやった。

「詩人の会」はクラブ活動としては少々変わっている。
週二回定期的に部員は集合し、毎回テーマを決め、それに沿った詩を探し、一時間以内で気に入ったひとつの詩を覚え、披露するというとんでもない活動内容だった。しかも月の最後の会合では自分の作った詩を一人ずつ壇上に上がって朗読しなければならない。
…過酷なサークルだ。
こんな部活動なんか誰も参加しないと思いきや、三学年合わせて65人もいるんだ!
しかもこの時期三年は受験勉強で忙しいはずにも関わらず、夏休みを除いては、欠勤知らず…恐ろしい事ついでだが、一年生も未だに退部した奴は独りも居ない。
変な教師もいるし、さっさと辞めてやろうと思っていた俺も、三上の再三の引き止めにより未だ部員のまま、こうやって夏休みまでつき合わされている始末だ。
まあ、ここにいる殆どの生徒が推薦狙いっていうんだから、国立エリートコースは初めから望んでおらず、楽に美味しい大学に入ろうっていう魂胆が丸見えなので、ヨハネ学院の中では割と変り種が多い。
俺に言い寄るのも大体がここの先輩方で…
「なあ、宿禰」これもそのひとりで3年の永尾先輩。家が近いからと夏休みも出勤中。
「なんですか」
「今日の藤宮、おまえをやたら色目がちに見てたよな」
「先輩暑気あたりじゃないですか?大体あの人はどの生徒もああゆう目で見てますよね。俺に限ったことじゃない」
「そうじゃなくて…おまえがさっき朔太郎の詩を読んだじゃないか…あの、万有の 生命の 本能の…?」
「孤独なる 永遠に永遠に孤独なる 情緒のあまりに花やかなる…ですよ」
「そう!そのなるだよ!その詩を読んだおまえを見て、藤宮、こう呟いたんだぜ『なるほど凛らしい』って。どうよ」
「…き、気持ちワル…」吐きそうになった、マジで…
「おまえ、名前呼び捨てられてる仲ってことじゃねーのかい?凛一くん?」
「知らないですよ。大体…先輩がそうだからって、俺を勝手にゲイって決め付けないでもらえますか?俺、きゃわゆいおんにゃのこにも萌えますよ」
「あ!にもってゆった~凛一くん墓穴っ~」両手の人差し指を指して笑いこける先輩を無視して教室を出る。

…ったく、藤宮の奴、ムカつく。こっちがやっと信じてやろうかと情けをかけてやった途端、これだからな。おまえに呼び捨てにされたくねえし…
「おい、凛」背後で呼び捨てられた俺は、気分が悪い所為か思わず声を荒げた。
「だから呼び捨てるなっ!…?な、なんですか?」振り向いた目の前に居たのは元凶たる本人だ。
「おまえん宅、保護者いるか?」こいつは伊達眼鏡を数種類持っていて、今日は紺のカラーフレームの少し色の付いた眼鏡だ。どっちにしても度は入ってないことはあからさまだ。
「…今なら沢山居ますよ、両親も兄も」
「じゃあ、一度家庭訪問に行っていいか?」
「は?…なんで夏休みに?大体高校って家庭訪問ってあるんですか?」
「問題や素行の悪い生徒は親に報告しなきゃならない義務がある。この間の三者面談の時もおまえの保護者は来なかったしな」
「みんな忙しいんですよ。それを言うなら寮に入っている奴なんか、三者面談に親は来てないでしょう。どうして俺にだけ言うんですか?それになんで担任の神代じゃなくて、副担任のあんたなんだ?」
「神代センセは定年後のバケーションプランを念入りにご検討中だ。副担任の俺に一任するとの御沙汰。おまえの家、学院から近いじゃないか。折角だからご両親に会って色々と話したいと思ってね」
「…何の話ですか」
「学校の裏庭でこっそりと一服とか…」
「…」
「言わないけど」
「好きにすりゃいい。けど、俺を名前で呼ぶんじゃねえよ、藤宮…」
「…怖いね」
「俺はあんたとは関わりたくねえんだよ。静かに高校生活を楽しみたいからな」
「…わかっているつもりだよ。だから……まあ、いい。そのうち伺うからって言ってくれりゃいいさ。じゃあな、凛一」
「呼ぶなってつったろっ!」

…腹が立つ…なんだあいつ…全部知ってるみたいな顔しやがって…クソッ!
裏庭に回って腹立ち紛れにムクノキの幹を蹴り、気休めに一服やろうと煙草を探し始めた途端、曇天の空からいきなり土砂降りの雨が降ってきた。
さすがに木の陰でも雨宿りは無理だと思い、例の温室に逃げ込もうと足早に向う。

誰か居る気配を感じ、少し迷いつつも温室の扉を開け、俺は予感したとおりの奴の姿を見つけた。
彼が…水川青弥が振り返り、俺を見た。
突然の珍客に驚き、困惑した眼鏡の奥のキラキラした眼が俺を捕らえて離さなかった。
ああ、こいつは…

…この永遠なる 密やかなる 花やかなる 情緒を讃えよ


rinnina2



3へ / 5へ



● COMMENT ●

出会った~

フジミヤ先生、主役級の出演ですね、ひいきされてる?
もう一人面白キャラの永尾先輩はあの根本ネコちゃんと~!?
…この永遠なる 密やかなる 花やかなる 情緒を讃えよ
もう、凛一のロマンチストぶりが最高です~。

アドさん

藤宮はこの後も重要なポストにあるんですよ。色々と出てきます。
りんとみなの恋物語だけど、私もさくさんも真面目に語っていくと思うので、暗めにはなっていくと思うんですよ。
読む方には面白くないかもしれないですね。エロ要素は物凄く少ないので。
私のテーマとしては「何故俺にとってこいつでなくてはならないのか」を書けたらいいですね~
行き着けるじゃどうかわからないですが。

すてきすてき。

コメディタッチなのに、詩的ロマンチックも。
わーい♪ご馳走様でございます。
詩の一節に例えられてる御本人は、思いも寄らないことだろうと思うだに楽しい。
このままどんどんお願いします~~~。
伊達眼鏡のセンセ素敵。
保護者、「今ならいっぱいいます」に笑いました。

うほ~

リン、ポエマーだ~。私も朔太郎すき~。あと犀星とか中也とか。
私も詩人の会のキャラ作っちゃおうかしら(笑)。
根本は付き合ってる相手は1人じゃないと思いますよ~。
多分、舎監ともできてる。

今日は息子の授業参観&懇談会で疲れました。
クラスに問題児がいて、彼の話題で2時間…。
被害者の会が発足しそうな勢いでしたよ。

おふくさん

実は私はそんなに詩を理解してないんですよ~詩集は持っているけど、適当に流し読むだけなんです。
ざーっと斜め読みして、このフレーズ貰おう!とか。
だけどこんなクラブ活動は絶対入りませんね~まあ、いい男ばっかりだったら考えるけどね~
藤宮センセ…絵ができたらアップしますね~
いい男ですよ~(^◇^)

さくちゃん

おお!キャラ作ってよ~このクラブはポエマーばっかだから空気がおかしいと思うよ。リンのそのひとりだしね~
しかしこんな妄想ばっかしてる奴をミナは本当に好きになれるんかい?少し不安になってきたよ。

問題児…いたいた。うちも被害者だったよ。その子が転校することになった時、拍手が起きたって言ってたもん。
やっぱり家庭の問題が大きかったみたいだね~
こればっかりは先生にもどうしようもない…


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arrowseternal.blog57.fc2.com/tb.php/164-34ae4b54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

宿禰凛一 「密やかな恋の始まり」 5 «  | BLOG TOP |  » 宿禰凛一 「密やかな恋の始まり」 3

プロフィール

サイアート

Author:サイアート
イラストと駄文を更新しております。

少年愛を中心としたシリアス重視なオリジナル作品でございます。

ゆっくりしていってね~

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

最新記事

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する