FC2ブログ
topimage

2019-11

早春散歩 藤宮紫乃編 「メタモルフォーゼ」 1 - 2009.03.17 Tue

「green house」番外編

凛一の9つ違いの兄、慧一と、高校の先生藤宮紫乃との恋愛を語ってみようと思います。
またもや見切り発車もいいところで、先行きどうなるかわかりません。
なんせメモひとつ取らない気質なので、書こうと考えてたものをすぐ忘れる始末。
しかし反省の色なし。

なので、後々校正が必要になるかも…と、思いつつ、面倒臭いのでそれもやんないと思います。
赴くままに書き連ねる。
今はそういう気分なのです。

では、初めは紫乃の視点で「恋」が始まります。

ごゆっくりどうぞ。
fujimiya



早春散歩 藤宮紫乃編 「メタモルフォーゼ」

1.
 誰一人知る人もない人ごみの中をかき分けて行く時ほど、痛切に孤独を感じるときはない。と、言った奴は本当の孤独を知らないんだ。
 孤独は痛みを通り越せば快感になる。

 大仰な式典を終え、サークルの勧誘の声が桜と同じ速さで舞い降りる。
 低く高く辺りを反響する声が渦巻く中を、俺は時折目を瞑りながら歩いた。
 これさえも心地いいと感じるのは、人の目を気にしなくなった事の報酬なのかもしれない。

「君、新入生だろ?サークル決まった?」
「え?」
 いくつもの誘いの声に耳を傾けることなく歩いていたのに、そいつの声に足が止まったのは、テノールの響きに思わず聞き惚れてしまったからだろう。

「浪人組み…一浪だろう?君」
「どうしてわかる?」
「高校卒業ってのはあんな感じ…だろ?」と、彼は勧誘する学生に取り囲まれたどうみても田舎から出てきた手前のまだ青臭い新入生を指差した。
「君は苦行を終えてようやく世の中を知るお坊さんに見えるよ」
「…」
「でも大人じゃない。また半人前の僧だね」
「…半人前で悪かったな」
「そう睨むなよ。俺と同い年だろうって言いたかったんだよ」
「…それで?なんの勧誘?」
「聞いてくれる気になった?」
「もう充分ここで立ち止まってるよ。君も成果を上げなきゃならないんだろう?」
「話のわかる奴は好きだよ。じゃあ、これを見て」
「…」
 俺はそいつの「好き」という言葉に胸がドキリとした。
 なんなんだ?こいつは。

 よく見ると俺より背は少し高い。
 別に身体の線を強調するような服ではないのに、全体を見ると華奢な線が浮いていてどことなく色っぽい。
 しかし、その上に乗っている顔がやたら整っている且つ上品な面立ちなので、真面目な青年の印象が強い。
 なんとも…目が離せない…ってね。
 …ったく俺も煩悩だらけだ。成仏出来そうもない。
 
 誤魔化すために手渡された紙に目をやる。
 俺がそういう趣向の人間だとしても世の中、そういう奴ばっかりって話は無いからな。
こいつも勿体無いがノーマルな感じがするし…
「…『天体観測の会』ってね。サークルなんだけど、プラネタリウムとか近場の星が良く見える天文台に行ったりするんだ」
「…悪いけど、あんまり星に興味はなくてね」
「俺もおんなじだよ。星の名前なんかシリウスぐらいしか知らないし…でも、小旅行もするんだ。夏は星空を見上げながら寝袋に入って一晩中流星群を見たりしてね。自分がどんなに小さい屑みたいな欠片かってね…そんな気分を味わえるのって偶には気持ちよいもんだよ」
「…自虐的だな」
「それこそが人間の本質…じゃないかな?」
「…そう…だね」
「どうだろう。君、入ってみない?君とはいい友達になれそうな気がするんだけど…」
なんの衒いも無く差し出される手の平。
「…」
 俺の前に出されたその手の平に、一片の桜の花びらが落ちた。
 その花びらを俺は…無くしたくないと…思ってしまった。

 握り返すと彼は屈託の無い笑みを俺に返し、
「よろしく、新入生。俺は建築学科二年の宿禰慧一と言います。同い年だから特別に呼び捨てで構わないよ」
「ああ、うん。俺は藤宮紫乃。人文社会学科一年…です」
「藤宮…紫乃か…綺麗な名前だね」
 そう言った宿禰慧一の方が俺なんかより千倍も綺麗だと、思った。

 生まれて初めて一目惚れというものを体現した瞬間だった。


 桜の森の満開の下、僕らは密やかな契約をする
 「孤独」という文字を「恋」に変えて
 僕は君に狂いたい



                    text by saiart


2へ /


<





● COMMENT ●

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ひとめぼれ

誰一人知る人もない人ごみの中をかき分けて行く時ほど、痛切に孤独を感じるときはない。と、言った奴は本当の孤独を知らないんだ。
孤独は痛みを通り越せば快感になる。
 ↑
書き出し、もう既に素敵ですね。
この捻り技の効いた文章の最後に・・・快感になる・・って紫乃の辛い過去なのか屈折した心なのかを感じさせて、いきなり感情移入です。
彗一には今、心の傷は無いのかな?明るいですねー。

内緒さん

ありがとうございます。
どうぞストーカーのようにこのふたりの私生活を覗いてやってください。
メルの件、了解です。

アドさん

慧一が明るい…アドさん見事に慧一に騙されてるね~

この恋愛物語は暗いですよ。
私にどこまで書けるかわかりませんが、苦しい切ない物語に挑戦です。
出会いから別れまでをふたり別々の視点で書こうと思ってます。
どちらも私は大好きですよ。

騙されてるー

どうしよう、これからくらーくなるのね。
ハンカチ・バスタオル・準備して読まなくちゃ!!

えっ!

暗くなるの?
私も騙されるとこだったー。
らぶらぶのまま、別れの予兆だけを感じさせて、でも、そこまでは引っ張らない、そーゆー感じかと・・・・。
フッ。私もまだまだ甘いわね。

アドさん

ハンカチ等がいるような話じゃないよ。ただ暗い…まっくらくら~いくらい…なつい歌だ~あ、谷山ひろこだ、この歌。
じゃなくて「月のワルツ」的な気色ワルさで行こうかと…
まだ紫乃編は大丈夫だからwww

おふくさん

リンミナはほんとにしあわせぽわぽわ~って感じにしたいんですが、こっちはどろっどろにしたいんですよ。
特に慧一に問題ありですからね~
紫乃の一途さが書けたらいいと思ってます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arrowseternal.blog57.fc2.com/tb.php/191-bc659a65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

早春散歩 藤宮紫乃編 「メタモルフォーゼ」 2 «  | BLOG TOP |  » 幕間 …凛一の場合

プロフィール

サイアート

Author:サイアート
イラストと駄文を更新しております。

少年愛を中心としたシリアス重視なオリジナル作品でございます。

ゆっくりしていってね~

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

最新記事

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する