FC2ブログ
topimage

2019-11

水川青弥 「予感」 6 - 2009.04.19 Sun

 あれ以降、宿禰は温室に来なくなった。
 告白を断っておいて、それでも友だちでいたいなんて虫がよすぎたのだろうか。
 それでもおれは温室に通った。
 新学期が始まっても、通い続けた。
 もしかしたら宿禰が来るかもしれない、と期待して待つ女々しい自分もいやだけど、おれから宿禰に「なぜ温室に来ないんだ」とは言いにくい。
 だからおれは植物をスケッチするために通っているのだと自分に言い聞かせ、昼休みと放課後の温室通いを続けていた。
「お、まだ残ってたのか。熱心だな」
 ぼんやりと考え事をしていたおれは、不覚にも声をかけられるまで誰かが温室に入ってきたことに気づかなかった。
 振り返ると、藤内先生が顎に薄っすらと生やしたヒゲを撫でていた。
 仕事を終えて帰るところなのか、白衣を着ていない。ダークグレーのシャツに黒のスラックスという出で立ちは、教師どころか堅気にも見えなかった。
「もしかしてあれから毎日水やりしてくれてんのか?」
「スケッチのついでですから」
 先生はおれの手元を覗き込んだ。
「そのわりにはあんまりはかどってないみたいだな」
 今日はまだスケッチブックは真っ白だった。
 おれはバツが悪くなってスケッチブックを閉じた。
「今日は気分が乗らないだけです」
 おれの言葉を聞いているのかいないのか、先生はポケットから煙草を取り出すと1本咥えて火をつけた。
 おれは呆れた。
 ここで喫煙するなと言っていた人間はどこの誰だっけ。
「なあ、水川って美大志望なのか?」
 煙草を燻らせながら先生が言った。
「まさか。美大なんて無理です」
「なんでだ? そんなに絵を描くのが好きなら美大に挑戦してみたらいいじゃないか」
 そうしたいのは山々だけど……、
「親が許してくれませんよ。いいんです。おれは父親と同じような研究職に就くんです」
「なんだ。親の敷いたレールの上を走ってるだけか。若いくせにつまらんな」
 教師の発言とは思えない。
 まあ、本人に教師としての自覚があるのかも疑わしいところだけど。
 おそらく歳は30代前半くらいだろう。どこか諦観したような飄々とした大人に見えるけど、おれはこの人に、若い頃なにをしてきたかわからないおっかなさみたいなもの感じている。
 白い煙を吐き出すと、先生はおれに訊ねた。
「で、なんでおまえはいつも植物ばっかり描いてるんだ? たまには違うものも描けばいいのに」
「違うもの?」
「たとえば人間とか。おまえのそばにモデルに適したヤツがいるじゃないか」
 誰のことを指して言っているのか、すぐにわかった。
 なぜ先生が宿禰のことを知っているのか不思議だったけど、おそらく以前ここでふたりでいるところを目撃されたのだろうと思った。
「彼はもうここへは来ませんよ」
 自分で言って胸がつきんと痛くなった。
「なんだ。ケンカでもしたのか?」
「いいえ……」
 ケンカのほうがまだマシだ。ケンカができるほど仲がいいということだから。
 おれと宿禰はもう友だちですらない。
「まあ、あいつのことはどうでもいいがな。なんなら俺がモデルをやってやろうか? 俺、脱ぐと結構いい身体してるんだぜ」
 先生がにやりと笑った。
 おれはため息をついた。
 まるで悪い大人の見本のような人だ。
「脱がなくていいです。っていうか先生を描くきはありませんから」
「やっぱりヤツじゃないとその気にならんか」
 そう切り込まれてどきっとした。
 先生はなにか気づいているんだろうか。
 どこまで知っているんだろうか。
 おれは先生の表情を探るように訊ねる。
「……なにが言いたいんですか?」
「べつに。ただ、つまらん常識やプライドに捕らわれてると、あとで後悔するぞってことが言いたいだけ」
「それは忠告ですか?」
「いいや、経験者からのアドバイスだ」
 そう言うと、先生は自嘲気味に笑った。


 宿禰からおれの携帯電話に着信があったのは、それから2日後の昼のことだった。



                                            text by sakuta


目次へ「予感」 5へ「予感」 7へ

● COMMENT ●

でた~

藤内センセ…あやしすぎるわ~
どんな過去があるんだ~?

夜中おつかれ~私も今からお風呂です~

藤内センセ、おひさー

藤宮センセでなくて、藤内センセ、こっちも何かありそうな人ですね。
そして、リンがやって来る~。

サイさん

藤内は何気に気に入ってるんですけど、
彼の過去について触れる予定は今のところないです~。

ああ、もうだめ…眠い…。
今朝は早起きしてお弁当を作ったから…。

アドさん

藤つながりのあやしい先生たち…。
この学校はどういう基準で教師を採用してるんですかね(笑)。
次回はやっとリンの登場です。お待たせしてすいません。

コメありがとうございました~。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arrowseternal.blog57.fc2.com/tb.php/218-783d1d69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

水川青弥 「予感」 7 «  | BLOG TOP |  » ダメ兄弟の楽屋裏

プロフィール

サイアート

Author:サイアート
イラストと駄文を更新しております。

少年愛を中心としたシリアス重視なオリジナル作品でございます。

ゆっくりしていってね~

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

最新記事

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する