FC2ブログ
topimage

2019-09

green house ~ 水川青弥 「引力」 9 - 2009.09.16 Wed

9.
 三学期はあっという間に過ぎていく。
 おれ達は相変わらず温室で二人の時間を楽しんだ。
 日が暮れるのはまだ早かったが、リンが持っていたアロマキャンドルのおかげで、冬の色気の無い温室が華やかになる。

「これローズマリーだって。やっぱり本物の方が、やわらかい匂いだなあ」
「昔はローズマリーってバラの種類だって思っていた」
「まあ、そう思うよね。S&Gの『スカボロフェア』の歌詞にParsley,sage,rosemary and thyme,ってあるだろ?あれで覚えたんだ。古歌好きの姉貴がよく歌っていたんでね」
 リンはおれの知らない色んなことを知っている。おれはいつも教えられてばかりだ。
 リンはすべてに対して豊かだ。おれはリンに何がしかの感性を与えられているのだろうか。
 絵を描くことしか取り得の無いおれに…

 リンは薄暗い中で、デッサンをする俺のスケッチブックを取り上げて、それを眺める。
「相変わらず、色彩豊かな絵だなあ~鉛筆描きなのに色が見える。俺のやった色鉛筆は出番無しだな」
「違うよ。あれは大事なもので…減らすの勿体ないんだよ」
「バカ、減ったら今度は俺が買ってやるよ。ミナの為ならバイトをしてでも貢いでやるから」
「そんなの…しなくていいよ」
 冗談でもおれの為にと言う…そういうリンが堪らなく好きだ。
 両親とは違う。追い詰める愛情ではない。
 おれを上昇させてくれる愛だ。

 二月に入ってもおれ達の関係は崩れない。
 言い方を変えれば、キス以上の発展はない。
 前にも後ろにも進まない今の関係が良い訳が無い。
 おれが悪いんだ。 
 リンは何度かおれをそういう行為に誘ったりしている。
 おれが嫌がる素振りを見せると、リンは無理強いしない。
 それはそれで、それ以上おれを求めていないんじゃないかと、別な不安を感じたりする。
 勝手な言い草だ。自分でも呆れる。
 
 冬の寒さの中でも温室は暖房を入れなくても暖かくて、のんびり硝子越しの外の景色をスケッチしていると、リンがやって来る。
 おれはリンの両手に抱えているものに視線をやった。
 片方はいつものカバンだが、もう片方はやけにでかい手提げの袋だ。
「なんか、美術の工作?」
「いや、今日はバレンタインだろ?チョコケーキ作ってきた」
「え?」
 バレンタイン?…そんなのすっかり忘れていた…そういや根元先輩がプレゼントどうのこうのって言ってた気が…

「ミナの為に作ったの。初めてだから手間取ったけど、匂いは美味そうだから、大丈夫だろう」
「…ええっ!お、おれのため?リンが作った…の?…うそ…」
「…そんなに驚くなよ。変なもん入ってないから」
「そうじゃなくて…おまえ、ケーキなんて作れるの?」
「ママさんがお菓子作りが得意でさ。レシピ置いていったの。簡単に作れるからやってみろって。で、まあ、いい機会だから…え?チョコケーキ嫌いだっだ?」
 おれは顔を横にぶんぶん振った。
 自分がケーキを作るなんて、思ったこともない…から、リンが作れるのがすごいって単純に驚いた事と、おれのために作ってくれたなんて…感動しないわけがなかろう。
「箱は適当に、お菓子の空き箱に入れてきたんだけど…崩れていないといいんだけど」
と、リンはおれは目の前に箱を置き、そっと蓋を開けた。
 チョコレートの甘い匂いが温室に広がった。

「良かった。崩れていないや」
「…リン、すごい…美味しそうだよ」
「食べてみてよ」
「え?」
「いや、味見してないから、ミナ食べてよ」
「…もったいないよ。それにナイフかフォーク…」
「…そんなのないよ」
「…」
「手で食べればいいじゃん」
「いやだよ」
「なんで」
「折角綺麗なケーキを手で崩したくない」
「…あ、そう。じゃあ、持って帰って食えば」
「…そうする」
 俺は蓋をして、崩れないようにケーキを平らな机に置いた。
 リンはこわばった顔でそれを見てる。

「ああ、ゴメン。おれ、リンにチョコ用意していない」
「え?…ああ、いいよ。正直チョコはもういい」と、リンは袋の中を俺に見せた。
 数え切れないほどのリボンのついた包みがあった。
「それ、今日貰ったの?全部うちの学生?」 
 だったら、この学校はまともじゃない。
「いや、朝、学校に来る途中で、女学生5,6人からも頂いた。全く見ず知らずの人なので驚いたけど。靴箱開けりゃ落ちてくるし部活に行きゃ、先輩方から嫌味なのかどうだか知らないが、迷惑なほどくれるしさあ…手作りケーキも食ったよ。正直もう俺、プレゼントいらんわ」
「…ですか」

 聞いてて気持ちがいいわけが無い。これが嫉妬ってやつなのか…
 恋人が出来ると色々とうらめしいな。
 まあ、リンは中身は置いといて見かけはめちゃくちゃいいから、これくらいは仕方ないことだと割り切り、大きい気持ちでいないと身が持たないぞ…

「でもミナからはもらいたかったかな」
 リンからの催促は最もな話だが…
「悪い。来年は忘れないから。その代わりホワイトデーには奮発す…あっ!!」と、小さく叫んで気が付いた。
 ホワイトデー即ち3月14日は俺の誕生日だった。
 たぶんリンは知らない。
 その証拠に呆けた顔をしたまま、突っ込まない。

 いい事を思いついた。

 おれは決めた。
 その日、おれのすべてをリンにあげることに。






目次へ
8へ /10へ


ここの重点…「ミナ、おまえそのケーキ、ひとりでワンホール食うのかよ~俺にも味見させろよっ!」と、心の中でぼやく凛。
そしてミナは寮でひとりで食ったのだった。夕飯食べずに…www
私の書くミナはどうも…おばかさんっぽい(;・∀・)




● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arrowseternal.blog57.fc2.com/tb.php/356-00bdf6bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

green house ~ 水川青弥 「引力」 10 «  | BLOG TOP |  » ユーリとエルミザード  「黎明」 6

プロフィール

サイアート

Author:サイアート
イラストと駄文を更新しております。

少年愛を中心としたシリアス重視なオリジナル作品でございます。

ゆっくりしていってね~

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

最新記事

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する