FC2ブログ
topimage

2019-11

green house~ 宿禰凛一 「Swingby」 1 - 2009.10.19 Mon

慧一&凛一12

Swingby
1、
 兄、慧一の乗った飛行機の到着が大幅に遅れた所為で、俺達はかなり遅い夕食を取る羽目になった。
 電車で帰宅するのも面倒になり、俺はどこかのホテルに泊まろうかと提案した。
 今日はクリスマスだから、早々簡単に空きの部屋はないだろうと、覚悟をして新橋の高級ホテルに伺うと、たった今キャンセルがあり、ひとつだけスイートルームの空きがあるという。
 男二人でスイートかよ!と、思わないでもないが、いい加減ふたりとも疲れ果てていたので、それで良しとなった。
 
 35階のそのスイートな部屋は、入るとまずキングベッドのでかさに驚いた。テーブルを初めとする調度品もさすがは、ゴージャス。窓際にベッド代わりで丁度いいようなカウチがある。その向こうの大きなガラス窓から見えるのは東京の夜景だ。
 青みがかった闇と、ビルのイルミネーションの狭間に広がる仄かに白く浮かぶ空間に、俺はしばらく見とれていた。

「慧、見て。タワーが見えるよ」
「伊達に高い金は取ってないっていうことだろう。しっかし…めちゃくちゃ高かったぞ~」
「クリスマスにケチな話をしなさんなよ。全く兄貴はロマンチストじゃねえな」
「今日は謝るしかないね。原因は俺にあるからな」
「別に慧を責めてるわけじゃない。まあ、どちみち弟とじゃ甘いムードにはなりえない…しかし、でけえベッドだ。クリスマスに何もしないカップルはいないだろうけど、これだけ広けりゃあ、どんだけ変体プレイしても落ちないよね。それとも3P用かな~」
「おまえなあ~」
 慧が呆れながらも視線が怒りかけているのがまるわかりで、俺は身を翻してさっさと浴室に向かう。

 バスルームにはシャワーブースが付いていて、バスタブにお湯を張る間にシャワーで身体を洗う。
 シャボンを入れた所為で、バスタブは泡にまみれていて、湯に浸かるとカモミールの香りがあたり一面にして、なんだか変な気分だ。
 横のブラインドを上げると、硝子越しに部屋が見える。
 手を振るとカウチに座った慧がぽかんとこっちを見ている。
 俺は立ち上がって、身振り手振りで灯りを消してくれと伝えた。
 慧はわかったと手を上げ、部屋の灯りを暗くした。
 勿論浴室の灯りも消した。
 辺りが暗くなると、窓の外の淡い光が部屋の中に忍び込んだ。
 真っ暗な闇とビルの明かり、タワーのイルミネーションの見事なコンビネーション。
 昼間の街並みの喧騒などまるで感じさせない異次元の空間。
 地上と夜空との境目の群青色が見事だ。
「綺麗だ…」
 俺はこんな世界で生きているのかと、胸が熱くなった。

 なにもかも許されている気分でしばらく見とれて硝子に張り付いていると、突然慧一が浴室のドアを開け、「いつまでもそんな格好で突っ立ってんじゃない。いいかげんにお湯に浸かってあったまれよ。風邪引くぞ!」と、怒鳴りつけられた…
 何が気にいらないのかわかりかねるが、今日の慧は怒りっぽい。長旅の疲れで苛立っているんだろうな。
 俺はそそくさと風呂から上がり、バスローブを巻きつけると、部屋に帰った。
 部屋の灯りはベッドサイドの灯りを弱めにしただけにして、いつでも夜景を楽しめるようにした。
 バスローブのままベッドに寝転がる。
 ランプシェードの拡散した光が、天井に輪と星の模様をいくつも作った。

「綺麗だ…宇宙にいるみたい」
「…ああ、無限のソラだ…」
 俺たちは天井を仰いだまま、贋物の宇宙のソラに見惚れていた。贋物の信者達が集うクリスマスには相応しいソラに違いない。

 しばらくすると交代で慧がバスルームに向かった。
 ベッドの寝転がったままガラス張りのバスルームに目をやる。
 勿論、ブラインドは締め切っている。別に兄貴の裸を眺めなくてもいいんだが、なんだか影だけちらちらするのも妖しい。
 兄貴に欲情するのも馬鹿馬鹿しくなり、俺は時計を見た。午前一時を過ぎてはいたが、なんだかミナの声を聞きたくなり、携帯を取る。

 呼び出し中になった途端に繋がり、ミナの少し焦った声が聞こえた。
 俺はすっかり嬉しくなって、ミナをめちゃくちゃ甘やかしてしまいたくなる。
 このベッドで今すぐおまえとね…なんてね。慧が聞いたら叱られるぐらいじゃ済まされないね、きっと。






2へ
宿禰慧一のお話はこちら「イリュミナシオン」 
宿禰凛一の過去話「追想」の初めはこちら  




にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
↑お気に召しましたらポチっとお願いします。



 

● COMMENT ●

イリュミナシオンって

どういう意味?
まえからずっと気になってました……
(すごくきれいな響き)
それから、このお兄ちゃん、弟のことが好きなんでしょ?
お兄ちゃん、つらいのをひとり我慢してるんでしょうか。
弟がミナちゃんとラブなのはわかってますが、このお兄ちゃんに、ほんのすこしでもいい思いさせてあげられるの?
だってわたしはこの兄が好き~
(って小説は読んでないけどあの絵で惚れた)

七月さん

「イリュミナシオン」ってね~ランボーの詩集から取ったのよ~すごくいい響きでしょ?
意味はよくわからんけど…天啓とか啓示…光を表す…そんな意味に自分はとっているのですよ~
この慧一は自分も…一番気に入っているの。
いい思いをさせてくれるのかどうか…凛次第です( ̄ー ̄)ニヤリ
これだけ簡単に兄弟で寝ない話も珍しいかも~


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arrowseternal.blog57.fc2.com/tb.php/392-5a9377b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

猫日  午前中、その七 «  | BLOG TOP |  » 猫日  午前中、その六

プロフィール

サイアート

Author:サイアート
イラストと駄文を更新しております。

少年愛を中心としたシリアス重視なオリジナル作品でございます。

ゆっくりしていってね~

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

最新記事

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する