FC2ブログ
topimage

2019-11

宿禰凛一 「Swingby」 9 - 2009.11.06 Fri

9、
 俺の胸に頭をもたげて眠りにつくミナを、俺はしっかりと抱きしめていた。
 ミナの規則正しい呼吸音と、上下する胸の動きが俺の肌を通してはっきりと感じる。
 この愛しき者。
 
 愛するという事はこれ程までに、優しくいたわり、守りたいと感じるものなのだろうか。
 俺はミナを悩ませるすべてのものから守ってやりたいという保護欲にかられている。
 今まで関わってきた多くの大人たちも、こんな思いで俺を見つめていたのだろうか。
 俺がこれまで貰ってきた数々の愛情とは、ここまで深く熱いものだったのだろうか。
 慧や梓が俺に与えてきた愛情と、俺がミナに感じる愛情は何が同じでどこが違うのだろうか…
 慧は…こんな風に眠る俺を抱きながら見つめたことがあるのだろうか…

 …変だ。慧は兄貴なのに。
 俺がミナを思う気持ちと慧一の俺への愛が同じではないはずだ。だが、少なくとも俺がミナを幸せにしたいと願う気持ちと、慧の俺を思う気持ちは似かよってはいるはずだ。

 俺はミナの前では誠実であり続けよう。
 もし、ミナが俺を嫌いになっても…もし、いつか別れが来るとしても、俺の中に生まれたミナへの愛情は消えることはない。
 決して無いと誓える…
 ミナの頬に翳る睫毛の影を見つめ、そして、俺はゆっくりと目を閉じた。


 翌日、昼近くになって起きたミナと一緒に食事を取る。
「なんだか…恥ずかしいよ。リンったらひとりで起きてこんなにちゃんとした朝食を用意しているんだもん。おれの立場がない」
「朝食じゃなくて、昼食だろ?いいんだよ。ミナは初心者で色々と疲れているんだから」
「…や~らしい言い方…」
「ミナのアノ時の声ってさあ、すげえそそるし、たまんねえもんがあるよ」
「リ、リンっ!」
「まあ、いいから食べなさい。どうせ、今日も明日も休みなんだから」
 眼鏡を上げながら慌てるミナを押さえ、俺は出来たてのオムライスを目の前に差し出した。


「ごちそうさまでした」
 きれいに食べ終えたミナが手を合わせる。
「ミナ、これから何する?折角の晴天だし、どっか出かける?」
 食後のコーヒーを飲んでいるミナに問うと、ミナは黙ったまま下を向く。
「…」
「なんだよ」
「リンと、ここに一緒に居たい…」
「…」
 Tシャツから出た色白の首がピンク染まっている。こいつは、天然の色仕掛けをしてくる。
 全く…
「じゃあ、俺の自宅は二人だけの秘密の花園ってことで、毎週末泊まりに来いよ。めちゃめちゃかわいがってやるからさ」
「…そ、そういう意味じゃない」
「嘘」
俺は白けた視線でミナを睨んだ。するとミナは慌てて釈明する。
「…う、そだけど…じゃなくて…月曜に校内模擬があるから、三上に言われているんだよ。宿禰にしっかり勉強させるように」
「…あ?…嘘」
「…嘘じゃないし」
そっぽを向くミナの口唇が心なしか尖っている。

 三上の件は絶対嘘だなあと思い、まあかわいいからいいやと納得して、拗ねるミナの指を自分の指と絡めると、こっちを向いたミナが綺麗な顔で笑った。

「愛してるよ」と、囁く。
 ミナは頬を染めて「お、おれも…あ、いし、てる」と途切れ途切れに言うから堪らなくなる。
 立ち上がってミナに近づき、椅子から立ち上がらせたミナを抱きしめる。
「腹も満たしたことだし、ね、セックスしよう」と、提案。
 ミナは戸惑いながらもゆっくりと頷く。それを確かめると、リビングのソファに導き、ミナを寝かせた。
 Tシャツの裾を捲くって、撫で回す。ミナは頭を擡げたまま、すこしだけ憂いを帯びた目で俺を見る。
 「ミナはここ、結構感じるよね」撫でた臍の上辺りを舐めた途端、スンと鼻に抜けた声を出す。
 嫌がられない事に気分良く、そのままジャージとパンツを下ろすと、慌てたミナが「リ、ン…頼むから、その前に、キスさせて」と、請う。
 早速のおねだりに、俺は何度も甘い応えを返した。

 ミナは自分で眼鏡を外し、両腕を俺の首に回すと、もう一度じっと見つめる。
「もうひとつお願い」
「なに?」
「お、わったら…」
「ら?」
「…勉強しようよ」
「…は?」
「おれ、リンと付きあって成績落ちたと思われたくないし、リンにもそうであって欲しいんだ。いいだろう?」
「…了解、しました」
 成績と俺たちが付き合うことの関連性に疑問を持たないではないが、まあ、ここはミナの論法に譲歩しよう。
 こういうミナも堪らなく好きになってしまっているのは事実だ。
 受験勉強に精を出すべき高2の俺達が、勉学に励むのは至極当然。
 そして、頭を使ったら、身体もね。

 休日の二日間、俺とミナは、セックスをしたら勉強。勉強に飽きたらセックスの繰り返しだった。
 セックスの指南は俺。そして勉学の教師はミナ。
 お互いの役割は大いに役立ち、お互いの人生を豊かにした…と、思えるんだが…

 校内模試の結果は…勿論ミナは断トツでトップ。俺は…文理合わせてトップ10入りを果たした。
 真に恋の力とは恐ろしい…







8へ /10へ
リンミナシリーズはこちらからどうぞ。目次へ




● COMMENT ●

りんは

がらっぱちの天使だな。
きれいなのに言葉遣いが乱暴で。
しかしりんに「ぼくは……」とか喋りだされたら泣くけど(笑)
あーミナちゃんをめちゃくちゃにしたい。
していい?(´・ω・`)

盛りだくさん

4コマ、バトン、音楽、イラストとあって合間の8,9まとめ読みです。
ああ、贅沢だぁ~。
ミナサイドから読んだときは。甘ーいストーリーだったけど凛サイドになると、経験豊富な凛の回想や戸惑いが織り交ぜられて、ああそうだったのか。 あの幸せ絶頂で凛ったら月村さんのことを考えたんだ!
なんて「へぇ~」「ほぉ~」と読み進めました。
最後にお勉強!
ミナといると凛は真面目だ!
トップ10入りとは、恐れ入りました。
お、サイさん加速ですか?
付いて行かなくちゃ!


七月さん

ミナはマゾっ子なので、めちゃくちゃにしていいです。ただしリン限定で。
リンがするならなんでも許してしまう子なので。
リンが「ぼくが…」って言う時は、企んでいる時だね。しかもめっちゃ悪巧み…www基本Sっ子なので~

アドさん

やってる最中に他の人のこと考えているなんてミナにしてみたら、ゴルァ~だけど、あのシーンはこの話の最初から決めていたシーンなんですよ。
ミナを抱く時は、リンが救われる時。
これが自分が考えていたふたりの初Hですね。

加速できたらいいけど…来週は箱根と鎌倉にダーと旅行なの~(´∀`*)ウフフ
だもんで、リンミナも箱根旅行に行かそうかと。
勿論リンミナの下見の為に旅行場所を決めたのよ~

結婚24周年記念で~すwww

いちゃこらしつつも勉強。
月村さんのときと違って、地に足が着いてる感じが安心です。

おお、結婚24周年ですか~。
うちの2倍ですね。
いつまでもラブラブでいられる秘訣を教わりたいです!

さくちゃん

ミナの現実主義のところがリンは気に入っている一つだと思うので。今まで回りにいなかったタイプだからね。ミナはMっ子だけど、言うところは言う子なので、自分は書きやすいですね~

秘訣?…さくちゃん宅も仲良しじゃん。
でも24年間変わらないことは、ケンカを全くしない。朝は必ずいってらっしゃいのキス。寝るときは手を繋いで。歩く時も手を繋いで~
後は、私がいつも明るくかわいいことかな~(〃^∇^)o_彡☆あははははっ


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arrowseternal.blog57.fc2.com/tb.php/413-8d9a81b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

宿禰凛一 「Swingby」 10 «  | BLOG TOP |  » 宿禰凛一 「Swingby」 8

プロフィール

サイアート

Author:サイアート
イラストと駄文を更新しております。

少年愛を中心としたシリアス重視なオリジナル作品でございます。

ゆっくりしていってね~

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

最新記事

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する