FC2ブログ
topimage

2019-11

宿禰凛一編 「Swingby」 12 - 2009.11.13 Fri

12、
 七月に入り、温室で過すには一番辛い時期が来る。
 俺とミナは毎日、草木の水やりや草取りに大忙しだ。勿論愛の営みも忘れない。
 期末試験が近づくと、温室は自習室になる。
 少々蒸すのも勉学の熱気の所為ということにして、俺たちは学生の本分を果たす。
 
 試験が終わり、一息ついてもいいと思うのだが、目の前の夏休みに浮かれるわけでもなく、勤勉な学生達は早くも夏休みの補習授業へ関心は向いている。
 それはミナにも言えることだった。
 まあ、目標に向かって突っ走る事は悪い事ではない。
 俺はそこまで走る気はないが…

 では、俺の歩く場所へと目を向けよう。
 そう…「Satyri」だ。
 月村さんの事件以来、店には近づいてはいない。本当はもっと早くに嶌谷さんに会いたかった。
 嶌谷さんは俺のことを心から親身になって気にかけてくれる大人だった。
 あの店は中学時代の俺のホームタウンだったし、拠り所でもあったから、いつかは帰りたかったんだ。
 総武線で乗り継ぎ、約一時間、久しぶりに「Satyri」の重いドアを開けた。
 …懐かしい香りが俺の頭からつま先までを包んだ。。

 低いステージの上では、バンドがノスタルジーなジャズを演奏している。
 辺り一面の壁を反射してジャズの音が耳に身体に響いてくる。
 ピアノの音は月村さんとは違うけれど…その音色は翳りなどない。
 ただ音に漂っていたくて、暫く目を閉じたまま動かなかった。
「凛一くん!」
 声をかけたのは常連のミコシさんだった。
 その声に演奏が一瞬止まり、店に居た客のほとんどが俺の方を振り向いた。どうせ暗くて俺の姿ははっきり見えるわけではないだろうが…
 すぐに演奏が再開されて、事無く済んだけれど、さすがに注目されるのは困る。だって一応18歳未満出入り禁止だもんなあ。
 いつもカウンターの中にいる嶌谷さんの姿を探そうとしてそちらを振り向いても、嶌谷さんは居らず、姿を探して辺りをきょろきょろとしていると、「凛一」と、低い声が近くで聞こえた。
 凝視して前を見る。暗がりから小走りに俺に歩み寄ってくる姿が見えた。
 嶌谷さんだった。
「凛…」
 嶌谷さんは躊躇いもなく俺を抱きすくめた。
「良く来てくれたなあ。ずっと待ってたよ。おまえが来るのを…」
「嶌谷さん…」
 嶌谷さんの優しいぬくもりに俺は胸を打たれた。
 俺はまだ見捨てられてはいないんだ。嶌谷さんの抱きしめる強さが物語っている気がした。

「本当はもっと早く来るべきだったのに…遅くなってごめんなさい。嶌谷さんにも心配かけたけれど、もう大丈夫だから」
「一端の事言うようになったもんだ。どれ、顔を見せてくれ。…益々色男になったな、凛。背も随分と伸びた。追い越されそうだ」
「あとは縮むだけの嶌谷さんと違って俺は伸び盛りだからね。すぐに追い越すよ」
「辛辣なところは相変わらずだ。それでこそ凛一だ。さあいつものところに座りなさい。今日はおまえの歓迎パーティだ」
 ミコシさんや戸田さん、常連の人たちが手を振って招き入れてくれる。近寄り次から次へと抱擁とキスの歓迎を受け、俺も嬉しくなって丁寧な挨拶を返す。
 いつも陣取っていたカウンターの端っこの席に座り、大勢のお客さんから歓迎を受けた。
 スイングジャズで始まった「この素晴らしき世界」は原曲の「キラキラ星」に変わり、俺の好きなモーツァルトのジャズ風メドレーに変わっていく。
 思わずステージを振り向くと、バンドのリーダーの新井さんが俺に手を振ってくれた。
 そして他の連中も…
 淡いスポットライトを浴びたグランドピアノを見つめた。

 月村さんはもういない。
 あのピアノに座り、軽快なジャズを弾くこともない。
 だけど、俺はあんたを忘れないよ、月村さん。
 あんたは傍観者ではなかった。
 俺の道に美しい花を咲かせてくれた大事な人だ。
 だから、言葉にしてあなたに贈るよ。
 「ありがとう、月村さん」









11へ13へ

リンミナシリーズはこちらからどうぞ。目次へ




● COMMENT ●

読んでますよ~♪

意外にも予約投稿は使ってなかったんですね。

いま、サイさんは旅の空だ~。

今回のサティロスのシーン、古いアメリカ映画やオシャレなフランス映画の楽しい場面みたいでした。

皆に歓迎されて抱擁と音楽と視線で迎えられる凛。
リンイチには、この世界もあるんですよね。
温室の凛もいいけど、大人の世界での可愛い凛も読んでいて嬉しくなります。

「おれの

道に美しい花を……」
とてもすてきないいまわしです。
で、このヒゲのオッサンはりんとできてたの?(´・ω・`)

鎌倉、寒くない?

アドさん

予約という方法があるのを今回知った~www
つか、さっき帰ってきました~今日は強風で飛行機が一時間ほど遅れて…もう、疲れてしまった~
帰ったら洗濯物や皿洗いやらかたずけやら…もう、くたくたですわ~

凛はなんか自由人ですなあ~まだ17なのにこいつ~って気になる。きっとミナがこういうの見たら、怒ると思うよ。ミナにはわからない世界だもんね~

七月さん

出来てない!嶌谷さんと凛は親子ぐらいの歳の差だからね~
嶌谷さんはすごく大人だよ~

今日の鎌倉はすごく暖かかったです~
なんとか雨もよけてくれてよかった~(;^ω^)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arrowseternal.blog57.fc2.com/tb.php/419-22a9fbcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

宿禰凛一編 「Swingby」 13 «  | BLOG TOP |  » キャライラスト

プロフィール

サイアート

Author:サイアート
イラストと駄文を更新しております。

少年愛を中心としたシリアス重視なオリジナル作品でございます。

ゆっくりしていってね~

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

最新記事

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する