FC2ブログ
topimage

2019-11

宿禰凛一編 「Swingby」 15 - 2009.11.20 Fri

15、
 入道雲が瞬く間に青空を食い尽くす。
 俺は呆気に取られながらその姿を追っていた。八月の終わり。
 遅い三者面談はなんとなく気まずい雰囲気のまま、もう二十分は過ぎている。
 俺は教室の窓から、空を仰ぐ。
 俺の将来をたかが大学ひとつで決めつけられてたまるかよ。

「だから、建築学科なら理系に進めって言っているんだ」「国立は全教科関わるんだし、今だって十分理系の方もいい点数取っているじゃないか」「慧一、おまえは凛一の保護者なんだろ?なんでそこに拘るんだ」「凛はまだ建築の方に進むとは決めていないんだよ。だから選択するのも幅があったほうがいい」「バカ!今の受験生はこの時期にはもうすでにどこの大学の学部、学科まで決めて、それを目指して勉強しているんだ。凛一みたいなのんびり屋は結局負け犬になるんだよっ!」「勝手に凛を負け犬にするなよっ!そうならないようにおまえに頼んだんじゃないか!」「知るか。本人にその気がないんじゃな。手篭めにしてでも言いなりにするか?おまえの得意とするところだろう?」「おまえを手篭めにした覚えは一度もねえよっ!」
「俺、帰っていい?」
「凛」
「いいぞ。どうせこのブラコン兄貴に何を言っても話しにならない。凛一は早くこのバカから独立することだな」
「…言い分は聞いとく」
 そう言って椅子から立つと、慧一も慌てて立ち上がる。
「慧はいいよ。藤宮先生とは積もる話も沢山あるだろうから、じっくり話していきなよ。俺、先に帰るね」
「…嘘つけ。どうせまた例の場所だろう。いちゃつくのもいいが、花が枯れないように面倒見ろよ」と、藤宮が余計な事を言いやがる。
 慧一の前でそれを言うな、と、俺は藤宮を呪った。

 奴が慧に何を話すのかは気にはなったが、気に病んでも仕方がない。
 藤宮を敵にするのは損だ。
 俺はひとりで温室の宿主たちに水を与え続ける。
 立ちこもった雲が夕立になっても温室までは恩恵を賜らない。
 この乾いた連中には、水道の水が必要だった。
 俺たちが自然以外のものを望むように…

 その夜の慧一は不機嫌極まりない様子で、藤宮との話も聞ける雰囲気ではなく、俺もさすがにげんなりした。
 会話の少ない食事が終わると、慧一は大きな溜息をひとつ吐いた。
「あれから、紫乃に色々と厳しい事を言われたよ。保護者としての責任が甘いのなんのってさ。俺は凛の思いどうりにさせてやりたいって思っているけど、現状は厳しいなあ~」
「まだ一年あるしさあ。俺も良く考えて決めるから、そんなに落ち込まないでよ。慧を泣かせたりしないから」
「バカ。泣くかよ」
「…」
 だって泣きそうな顔しているもの。そんな顔をさせている原因は俺なんだもの。俺だって責任は感じるさ。

 夏の最終バーゲンで二人連れ立ってアウトレットに買い物に行った。
 慧はジーパンを、俺はジャケットを買った。
 ふと兄貴の首元に見慣れないネックレスに気づき、それを問うと、慧は、「自分で買ったんだよ。お守りさ」と、笑う。

 二枚の福引きを貰い、帰りに一枚ずつ引くと、俺はハズレ。慧は見事三等賞を引き当てた。
 商品は箱根一泊ペア宿泊券という微妙なものだった。
「正月行ったばかりなのにさあ、また箱根?」
「良いじゃないか。日にちはこちらが決めていいんだし、水川君と行くといい」
「え?いいの?」
「俺はもうすぐ行ってしまうからね。凛にあげるよ。恋人と楽しんでおいで」
「…うん、ありがと」
 嬉しいんだが、どこかで軋むような感じ。胸が痛い。


 ミナに話すと、ミナは驚いたように俺を見上げ、今度は満面の笑みを返す。
「本当に?わあ、すごい…嬉しいよ、リン」 
「箱根なんて珍しくもないだろ?」
「そんなことはない。リンと一緒にお泊りできるんだよ。すごい楽しみだ。でも俺なんかが行ってもいいの?当たったのお兄さんだろ?悪い気がする」
「いいんだよ。慧はミナと行きなって言ってくれたんだから」
「ホントに?」
 心から喜んでいるミナを見ていると、やっぱりこいつで良かったと、気が緩んだ。
 ミナはかわいい。とてもいとおしい。こいつの笑顔を失いたくない。

 俺は欲深なのだろうか…
 慧とミナを天秤に載せるのが怖い。
 釣り合っても釣り合わなくても、どちらかの泣く顔など見たくない。


 慧一が帰る日、空港まで見送った。
 少し感傷的になってしまい、「ここで別れるのが恒例になってしまったね」と、言うと
「そうだね。わざわざ凛に手間を掛けさせているようで気が引くけれど、凛の顔を見て旅立つっていう、なんてことない事がね、俺には大事な意味を持つのだと…感じてしまうんだよ」と、慧は真顔で言う。
「なんかわかる」
「おまえを独りにするのはいつも不安だよ。それはおまえに対してでもあるし、俺自身の寂しさでもあるからね」
「そうだね。お互いが独りになってしまうんだから」
「恋人と仲良くしなさい。孤独に泣かなくてもいいように」
「…わかったよ」

空港別れ

 展望台で慧一の乗る飛行機を見送った。
 青空に吸い込まれるように飛び去る機体が消えてしまった何も無い空を見つめながら思う。
 慧一も孤独に泣くのだろうか…
 恋人と仲良く、か…慧はどんな気持ちでその言葉を俺に送ったのだろう。

 ねえ、慧…
 ミナがいても俺は独りだよ。
 
 誰だって、そうなんだ…きっと。





14へ /16へ

リンミナシリーズはこちらからどうぞ。目次へ

● COMMENT ●

>ねえ、慧…
 ミナがいても俺は独りだよ

ケイ・リンのカプが好きな私は「いっそくっついちゃってよぉ~」って思ってしまいます。

次からは慧一編なんですか!!

う・う・嬉しいです~ぅ♪

楽しみにしてます。



オレミユス?

それは、どういう意味?
くじ引きのエピソード、けいのキャラを象徴しているように思えました。
天から運を授かる。
すてきな、ほしいものをそのぎょうこうにより手に入れたのにもかかわらず、それをむざと他人に明け渡す。
けいは、豆腐の角に頭ぶつけて死んでもいいほど馬鹿者です(´・ω・`)

蝶丸さん

コメありがとうございます。.:♪*:・'(*⌒―⌒*)))
けいりんカプは、しそうでしない…そういうジレンマを楽しんでいただきたい(;´∀`)
はい、次回からはこのリンの時期まで、慧一編とあと、ミナ編を書いて、時間軸を合わせていきたいと思っています。
うまく書けたらなんですが…

がんばります。
応援ありがたいです。

七月さん

「オレミユス」って、ランボーの詩集から取ってるの。
訳詞は「祈らめ、いざや」って。
まじわからんwwwこの人は造語を作る方だから、これが何語なのかは知らんのですが(;´Д`A ```
響きだけで使っております~安直やね~

豆腐…いや~慧は凛に甘いだけで、性格は黒いよ~
次の慧一編でそういうのは垣間見えると思う。
慧をイイヒトにするつもりはないもん。
宿泊券あげたのだってねえ~つまりは俺が当てた券でおまえらは行くんだぞ~ってことは、俺の怨念が付いて回るってことじゃん。
凛は慧に対して常に恩をかんじなきゃならない~なんという地味な小細工www
しかし、凛は旅行に出たら、慧の恩は忘れるタチwww


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arrowseternal.blog57.fc2.com/tb.php/423-b976e6e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

宿禰慧一編 「オレミユス」 1 «  | BLOG TOP |  » 宿禰凛一編 「Swingby」 14

プロフィール

サイアート

Author:サイアート
イラストと駄文を更新しております。

少年愛を中心としたシリアス重視なオリジナル作品でございます。

ゆっくりしていってね~

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

最新記事

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する