FC2ブログ
topimage

2019-11

宿禰慧一編 「オレミユス」 2 - 2009.11.27 Fri

2.
 正月は父と新しい継母と4人で、温泉で過ごすことになった。
 宿禰家で家族旅行なんて滅多にないことだ。
 実を言うと、凛一が生まれる以前には毎年のように各地の避暑地へ遊びに出かけていたのだが、凛一が生まれると、元々身体の弱い母の容態は更に悪くなり、それっきり家族旅行はしなくなった。
 凛一には家族水入らずでのバカンス経験はこれが初めてかもしれない。
 俺は親父が再婚しようがするまいが、まるで他人事のように思っているが、果たして凛一はこの成り行きをどう感じているのだろうか。俺はそればかりが気になっていた。
 だが、それは俺の杞憂だった。
 凛一は新しい継母の「和佳子さん」を事の他気に入った様子で、始めは少し照れて遠巻きにしながらも、時間が経つに連れ親密になっていった。

 実母が亡くなったのは俺が14の頃だ。
 俺には母への慕情が多いに蓄積されている。だが凛一は母親を知らない。よく覚えていないと言う。
 母が凛一に深い愛情を注いでいたのを知っている俺は、凛一の母親への薄情さには些か不満がある。
 凛一が5歳になるまでは、母は凛一ひとりにかかりっきりになっていたといって良いくらいなのに。
 母の愛情など何ひとつ知らぬままに、新しい継母に嬉しそうに接近する凛一に、俺は驚きを隠せずにいた。
  
 古い格式あるホテルだった。
 調度品も時代を感じさせるレトロな趣きのあるものばかりだ。
 ベッドの横になった凛一は、高い天井の格子を珍しそうに数えていた。
 夜、二人きりの部屋の中で、実母の事を聞くと、
「仕方ないよ、いくら死んだ母親が俺を可愛がってたって兄貴がゆってもさあ、俺、覚えていないし、…それに和佳子さんはいい人じゃないか。俺、好きだよ、新しいお母さん。慧は嫌いなの?」
「嫌いだとか…そういう感情は俺にはないよ。親父の奥さんとしか認識してない。母親に甘える歳でもないしね」
「そりゃそうだ」
「でも凛はまだお子様だから、母親のおっぱいが恋しいのかもな」
「そう、なのかなあ…和佳子さんが本当のおかあさんだったらいいなあとは思うけどさあ。実際は一緒に暮らすわけでもないから、あんまり関係ないのかも」
「…」
 否定をしない凛一を見て、俺は少しショックだった。
 凛一にはまだ母親のぬくもりが必要だということなのか。
 別に俺が母親代わりになりたいとは思っていないが、なんだか継母に気を取られている凛一が気に入らない。
 心が狭いのは十分承知しているが、なんとも言い難い心持ちで仕方がない。

「どっちみちすぐに大人になるんだし、本当のおかあさんなんて、俺も必要ないのかも」
 暫くの沈黙の後の凛の言葉がまた胸を痛くした。

 俺は心の奥底では、凛一に誰も近づくなと叫んでいる。
 誰も凛一を見るなと…
 そんなことが出来るはずも無い。
 いくら凛一を隠そうとしても、凛の魂は暗闇に行くほどに輝きを増す。
 その姿を他の奴らが見逃すわけがない。
 凛は俺の手の届かないところに行ってしまうのだろうか。
 俺はただその背中を追うだけしかできないのだろうか…

「ねえ、慧。そのうちさ、慧に会いに行ってもいい?」
 ベッドに寝たままの凛は、クッションの深いソファに座った俺の方を向いて尋ねた。
「え?シカゴに?」
「俺、慧のくれた絵葉書の教会を直に見てみたいの」
「そんなに教会に興味があるのか?」
「うん、あのフォルムにね。どうやって構築されているのか、なんであの形が宗教的に象徴となりえるのか…とかさ、そういうのに興味がある。どちみち兄貴は梓の聖堂を作るつもりなんでしょ?一応俺もアドバイスなんかしたいじゃない。だから色々と見ておきたいんだ。いいかな?」
「ああ、勿論…そうだな。春休みになったらおいで。俺は院の研究室で仕事をしているから、ずっとついててやれないが、大人しくしていると約束するなら、色んなところに連れて行ってあげるよ」
「なんだよ、大人しくって…自分がちょっと大人だからってガキ扱いしやがってさあ」
「独り寝が寂しいって言う奴はガキだろ?」
「だって…人肌って気持ちいいじゃん。寒い時なんかなんでもいいからぬくぬくしたいって気持ちになるよ。マジでネコか犬でも飼おうかな~。抱いて寝るの」
「やめとけよ。抱き枕の代わりにさせられちゃ、ペットが可哀相だ」
「じゃあ、やっぱり慧が抱いてくれよ。一緒に居るときぐらいはさあ」

 俺を向かいいれるように微笑んで手を広げて待つ凛一の誘いを、どうして断る事ができようか。
 俺はソファから立ち上がり、凛一の眠るベッドに向かった。
 半身を起こして腕を伸ばす凛を抱えるように、俺も抱きしめた。
 凛のぬくもりが愛しい。俺は満ち足りた気分で一杯だ。
 その上、凛はキスまで求めてくる。
 俺はそれを返しながら、反応する身体を何とか持ちこたえさせようと必死になる。
 精神愛と肉欲っていう同義的にも背反二律にもなりえる感情を巧く操縦する方法を、俺は昔から覚えてはいたが、近頃はそれも段々と覚束なくなっているようで怖い。

「…やっぱり、慧とするキスは他の奴とは違うなあ」
「比べるなよ。他人とするキスと同じに感じても困るだろう。それに…普通の兄弟はやらないもんだ」
「だって仕方がない。俺は寂しがりで、そして慧は俺にぞっこんだからな」
「…自分で言うな」
 俺は最もだと苦笑した。

 ぞっこんどころか…俺の魂はおまえと言う鎖で縛り付けられてるよ、凛。

 旅行から帰ると俺はすぐにシカゴへ戻った。
 帰る間際、残った継母としばらく過ごす事になった凛一はどこか浮かれている様子で、俺は嫉妬の矛先が「和佳子さん」に向かないように何度も視線を背けてしまった。




兄弟11




1へ /3へ 
宿禰慧一のお話はこちら「イリュミナシオン」 
リンミナシリーズはこちらからどうぞ。目次へ



● COMMENT ●

あたしは

けいがよく宗教に逃げないもんだと思いますが……
それとも、そんなものすらも眼中になしなのかしら(/--)/

「ピカデリー午後7時」でしたっけ?
いややっぱりあの養女は若い恋人のほうを選ぶんじゃ……
オッサンはわびしく身をひく(笑)
でもそう言えばわたしも、あの感覚には驚かされた記憶があるかも。
あの話はミステリ仕立てなので、不意をうつネタとして、あのオッサンと養女の関係が用意されてたんですよね。
しかしやはり「まさかそういう関係だとは」と思わせるという点において、家族間での「ラブ」は尋常ではないということなのでしょう。

七月さん

あの頃のモトさんの絵と話は凄かったね~
「ペニーレイン」「ホームズの帽子」「りデル森の中」「一週間」
なんか絵が芸術的だったんだよね~
その中でこの「ピカデリー」はミステリ感が強くてポーっぽくなくてね~アランが何にもわかってなくてどうして?ってアホっぽいのがかわいくてさ~ああ、七月さんはアランの前わけがと横わけどっちが好み?私は昔は横分けのサラサラ好みだけど、今描くなら前わけのちょいとカールが色っぽい感じがするね~

そうそう、まさか花嫁を~って、びっくりしたんだよ。そういう感覚ってそれこそ禁忌じゃない。え~!って思ったもん。
ポーツネル男爵もシーラを妻にするため何年も待ったというしね~そういう話も読みたかったね。シーラ好きなんだ。
エドガーがシーラに好意を持つところとか好きだなあ~私はエドガーはメリーベルに対しては全く妹愛としか思えないんだが。
メリーベルとアランへの感情は違うと思っているんだがね。

まんが少女だったからねー

あの時代、思春期にマンガを描いていて、萩尾さんに傾倒しなかったひとというのは信じられない!
わたしもマンガを描いていたので。
わたしも萩尾さんの絵に影響されまくりました。
巻き毛の男の子とか描きたくてすごく憧れて(笑)
でも巻き毛って頭の形がむずかしくて~(笑)
萩尾さんはトーマとポーのあたりがいちばん好き!
あとかろうじてスターレッドまで。
それ以降の話はあまりに鋭すぎて、話が怖くて(絵も)ちょっとついていけない。
ポーとトーマどっちが好きかと訊かれればすこしだけトーマかもしれない。
わたしはとにかくあのユーリというキャラにいかれたんだ。
おもしろいと思わない? あの屈折ぶり懊悩ぶり。
なんかけいいちみたいだよ(笑)
サイフリート×ユーリとか基本でしょう。
オスカー×ユーリも基本、つか、いまにして思えばユーリって総受けじゃん(笑)
ポーなら、エドガーも大好きだけど、アランの子供っぽい屈折ぶりが(またも屈折が好みか)おもしろくて。
バンパイヤになるまえの人間のときのアランの絵が好きかも、いまでは。
後半のアランは素直な美少年という感じだよね。
シーラいいよね。
マドンナとかも好きだった。
とにかく萩尾さんは女性キャラがうまかった!
……って、すみませんこの手の話になるときりがない~!!

七月さん

いやいや、わかる。モトさんの一番いいときって、その二つの時期だと自分も思うし、リアルで少女コミック買ってたからね~竹宮のファラオの墓とかね~サリオキス?だったか?よりスネフェルの方が屈折しててね~あのナイルキアへの屈折ぶり~(;´▽`A``

トーマはね~中学だったよ。
私もね、ウツウツのユーリが大好きでねえ~あのシーンとかねえ~(アレは絶対やられたよね~)その頃はサイフリートが嫌いだったけど、大人になるとあいつが好きになるね~
唯一語れる友人がね~当時オスカーが好きで。私は優等生だったのでwwwタバコを吸ってる時点で駄目だったのよ~でも今はオスカーの見かけが好き~(;´∀`)あいつはあの歳では人間ができすぎで面白みが無い。オスカーとユーリをやらせたかったwwwいや、あれはあの後くっついてるかもしれんな。
オスカーは辛抱強いし、ユーリもまんざらじゃなくなるだろう~エーリクはもう…www知らんわ。

シーラもマドンナも良かった~マドンナに甘えるオズワルドがかわいくてね~「みんな俺を置いていった…」って泣くとこ…
本が手元に無いから適当だけど。

ああ、中学の時、美術で幻想絵を描く授業があってポーの世界を自分なりに描いたんだ。あれは…今でも良く出来てたと思う。
いつか彼らを描きたいね、今の自分の画力でどこまで描けるか…試したい。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arrowseternal.blog57.fc2.com/tb.php/428-54f1ab96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

宿禰慧一編 「オレミユス」 3 «  | BLOG TOP |  » 宿禰慧一編 「オレミユス」 1

プロフィール

サイアート

Author:サイアート
イラストと駄文を更新しております。

少年愛を中心としたシリアス重視なオリジナル作品でございます。

ゆっくりしていってね~

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

最新記事

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する