FC2ブログ
topimage

2019-11

君の見た夢 7 - 2008.11.12 Wed

夕暮れのボンヤリした舗道をふたり歩く。
この公園、香月のマンション近くにあったのと同じ…だけど、似てるけど、やっぱり違う。
「とうかした?ユキ」
「いや、やっぱなんか不思議だなって…」
聞いた香月が、フフって笑うから何?って聞き返す。
「いやね、不思議って言ってるおまえが一番不思議な存在じゃないのかなって思ってさ」
「あっ、そう言われればそうだね」
俺も笑った。
「…ユキ、あのな…こんな時なんだけど、とにかくさ、おまえが向こうに戻れるまではね」
「…あ、うん」
「俺のところに居た方がいいって…俺は思うけど…」
「そうしてくれると嬉しいよ。でもさ、麗乃、邪魔じゃねぇ?」
「なんで?」
「だって、わけわかんない奴転がり込んで…仕事とか…ほら、か、彼女とかさ…迷惑かかるんじゃ…」
「彼女なんか、いねーよ、俺」
「…そう…」
なんかバカな事聞いた?でも、26にもなるのに彼女居ないなんて…こいつ、もてないのかね。
「でもまあ、好きな人なら居る」
「あ、そ」そりゃ良かった。
俺自身もそっちの方が楽だ。
…何が楽なんだ?
もしかして、俺がこいつの事を好きになるとか、そんなくだらない事をいちいち考えなくて済むからか?おいおい、いくら麗乃にそっくりでも、こいつは麗乃じゃない。それに昨日会った奴にどうもこうもないだろう。
「何笑ってるの?ユキ」
「え?なんでもないよ」
不愉快に感じたのか、唇を尖らせて麗乃が睨む。
「…何?」今度は俺が聞く番になる。
「あのな…聞いていい?」
言い難そうではあったが麗乃が口を開く。
「うん」
「向こうでな…俺とおまえはどんなだったの?」
ふいに聞かれた問いに一瞬迷ったが、別に後ろめたい気持ちはない。正直に言おう。
「どんなって…親友だよ。幼馴染みで一緒にバンド組んでて、音楽作ってお客さんの前で演奏して…すごく楽しくて…」
「それで?」
「それでって?」
「おまえとの仲」
…なんか、嫌な予感だよ。わかる筈ねぇよな、麗乃との関係…
「言ったじゃん、一番の親友だって」
「それだけ?」
「…なんだよ…!」
突然、腕を掴まれて口唇にキスされた。肩をしっかり掴まれて、振り払えなかった。
何度も噛み付かれるようにキスを繰り返す麗乃の肩を押し返して、やっと引き離した。
たぶん今の俺はとてつもなく赤面しているに違いない。
「な、なんだよっ!いきなり!」
「こういう関係かなって思って…」
「な、んなわけねーだろっ!」
「…ホントウに?」
「…」
「俺が向こう側の俺なら、おまえに惹かれないわけがない。おまえを…親友だけの関係で終らせるわけないじゃん」
「…」
なんだよっ、こいつ、ばっかじゃねーのっ?…まだ出会って一日しか経ってないのに…何言ってんだよっ!
「…ユキ、おまえが好きだよ」
「なっ…言うなっ!」
「なんでだよ」
「おまえは…昨日会ったばっかりで…俺の一日だけ知っただけで…なんで、なんでそんな簡単に言えるんだよ」
「簡単じゃないよ」
「簡単だよっ!」
俺達はずっと…十数年間もお互いを理解しあって、それでやっと想いが通じて、分かりあっての今があるんだ。昨日会ったばかりのおまえに何がわかるって言うんだよ。

「おまえは香月じゃない…香月はそんなに簡単に『好き』とか言わねーよっ!」
「でも俺は…香月麗乃以外の何者でもねぇよ」
「…」
決して俺の視線を外さない強い眼差しは、そう、麗乃そのものだよ。

麗乃っ!どうしたらいいんだよっ!おまえ、俺を呼んでよ。迎えに来てよっ!
ここは俺の居る場所じゃない…

麗乃、俺はまだ26になったおまえの顔見てねぇんだよ。
…おめでとう、って言わせてよ。

上弦の月の光が、公園に佇む俺と香月の影をくっきりと映していた。




☆彡展開はやっ!つか麗乃はやっ!さすがO型!

● COMMENT ●

展開もはやいけど更新もはやい!

前回からユキくん視点なんですね~♪
小説って頭の中で場面を妄想できるから楽しいです(^^)
でもサイさんの絵柄も知ってるので絵を思い浮かべながら
妄想です♪
毎日更新!くらいな勢いじゃないですかぁ~

まりさん

視点がころころ変わるんです~すいません。本当はこういう書き方は間違っているんでしょうが、どうしても両方の気持ちが書きたくなると、色々入れ替わるんです。
章に分けていたけど、今回入れなかったからね~
あとで入れとくね~
応援ありがと~


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arrowseternal.blog57.fc2.com/tb.php/55-8e55a2ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

君の見た夢 8 «  | BLOG TOP |  » 君の見た夢 6

プロフィール

サイアート

Author:サイアート
イラストと駄文を更新しております。

少年愛を中心としたシリアス重視なオリジナル作品でございます。

ゆっくりしていってね~

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

最新記事

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する