FC2ブログ
topimage

2019-09

君の見た夢 12 - 2008.11.17 Mon

6. 恋風

こっちの麗乃とそういう関係を持った俺はもう歯止めが効かなくなっている。時折こんなんじゃ駄目だと思いながらも、差し伸べるその腕に身体ごと投げ出す。麗乃は優しい。どんな時でもどんな行為でも俺を抱き留めてくれる。その優しさに甘えているのはわかってる。でも…慣れたわけじゃないんだ。一時だって向こうの世界を思わないことはないよ。
ギターだって思いっきり音出して、みんなと合わせたいし、何よりも麗乃の唄とひとつになりたい。これは完全な精神の渇望でしかないんだ。
俺の仕事は音を生み出す事なのに、この世界では何ひとつ生み出せない。
それでもここに居なければならないという現実。
二度と…向こうに帰れないのであれば、この世界に、雨音由貴人の存在しない世界に異端者として、誰にも知られることなく、ただひっそりと生きていかなきゃならない。
それが俺を苦しめるひとつ。

そして、もうひとつ…向こうの麗乃を裏切り続ける事。
たかが三週間やそこらで、俺はこっちの麗乃なしではいられなくなってしまった。
心も身体もおまえを裏切り続けて俺はこの世界で生きているんだ。なじってくれ。呪ってくれ。どんな罵倒だって受けるよ。
麗乃、もうおまえに合わす顔なんてないのかもしれない。
俺は…こっちの麗乃に満足してるよ。

ふたり並んで桜の木に凭れ、夕日に暮れる空を眺める。
ただ黙って側に居てくれる優しさが、有り難いと思った。俺は何も返してやれない。
俺がここに来なければ、麗乃は今までと同じように平穏な日々を過ごせたんじゃないのかな?
こんな…こんな不安定な俺、迷惑じゃないのか?
本当は捨ててしまいたいんじゃないのか?

俺に繋がれた麗乃の指先を見つめると涙が溢れた。その力強さに、あたたかい血のぬくもりに…

「レイくん…俺はひどい男だね」
「んなことねぇよ」
「麗乃が必要なのに、俺が求めるのは…」
「…わかってる」
「…ごめん」
「わかってるけどどうしようもないんだよ、それは」
「レイ…」
「だって…ユキ、俺はね、おまえがなんと言おうと…嫌がってもね、おまえと一緒にいたいの。おまえが俺を愛していなくても、おまえが他の奴を好きだって言ってもね、俺がおまえを離したくないの、俺の意思でね。だから、おまえは罪の意識なんて感じなくていいんだよ。俺だってただのエゴでしかねぇよ」
「…俺はおまえを利用しているだけだ」
「俺が必要だからだろ?俺を頼ってくれてる。それは事実だよ、ユキ」
「それでいいの?」
「うん」
「本当に?」
「うん」
「俺はさ、今まで一度だって本気で人を愛した事なんかなかったんだ。それってどっかおかしいって自問自答してたよ。愛するってどういうことなのか、知りようがなかった…でもな、おまえと出会って、わかったの。おまえと出会う為にこの世界の俺は26年間生きてきたんだって。だから…たったひと月足らずでも、この世界の誰よりもおまえを愛せると思ってる…離す気なんか毛頭ないから」
「…うん」
「こんな奴だけど…ユキを愛しても構わない?」
「いや、…ありがとう」
この麗乃を愛してゆこうと思った。ここに居る限り俺は彼と共に生きて行こう。
進みたくなくても前を向いていかなきゃ…そして、俺の存在意義を見つける為生きてみる…それでいいだろ?麗乃…

「…ね、ユキ、写メ撮らねえ?」
「え?」
「折角の夕焼けをバックにおまえの姿撮っておきたい」
「じゃあ、俺も」
お互いの携帯のカメラでお互いを撮りあった。
桜の木の周りを歩きながら、何枚もバカみたいに…
夕日に染まった麗乃が笑う。
黄昏を纏う空が俺達のシルエットを暗く染め始めた。
なんだろ…目の前の麗乃の姿が霞み始める。
「…!」
なん…なんだ!頭いてぇ…
「どうした?ユキ」
「ん…なんか頭痛い…ちょっと気持ち悪いかも…」
「ちょっと待って、鞄に水あるから…」
麗乃の影が俺の影から離れる。

…駄目だ!離れちゃ駄目…

…なに?…麗乃の身体がぼやけてる…な、なんだよぉ、おかしい…景色も何もかも…
「麗乃っ!」俺の呼ぶ声が空間に歪んだ。
「ユキっ!どうしたっ!」手を伸ばす麗乃の指先を掴もうとして…掴めなくて…麗乃の顔も身体も次第に黄昏の暗闇に溶けて行く。
「ユキーっ…」
俺を呼ぶ声が段々と遠くに消えてなくなった。
そう感じた途端、俺の視界は闇に閉ざされた……



目が覚めた時…桜の木の下にうつ伏せに倒れていた。黄昏だった空は今はもう暗く、金星が低く輝いていた。顔に触れたものを手に取った。
…桜の花びら…?
…おかしい、さっきは葉っぱだったじゃん…
「レイ?麗乃?」俺の傍に居るはずの名前を呼ぶ。
暗闇の中の姿を探す。

「…いるわけないじゃん」

…いるわけないじゃん。あいつは…もうここには居ないよ…だってさ…
…俺はこっちに戻ってきちゃったんだから…



☆彡次から元の世界での修羅場…

● COMMENT ●

うおお~~

ユキ君戻ってきちゃったのですね~~!
元の世界に戻ってきても大変そうだ~~
ああ目がはなせない><
面白いですよサイさん!!
もう1個の長編も読ませてもらいますね~♪
色々忙しそうですが、体とか大丈夫ですか~~?

ああ!

戻ってきちゃった!
どうなっちゃうの~!!

リンクに私の本宅のバナーを置かせていただきました。
サイさんのバナーもあればHTML編集しますよ~。

まりさん

ありがと~これからユキが…麗乃が…え~ん(T_T)/
いや~先はまだ長いのよ~これ一部だからね~
うとね…みんながキャラ描いてくれないから暇…神様もぼちぼち仕上がってるし、他のキャラで遊んでいる状態。
ルカの一日…とか毎日プロフィールであそぼっかな~

この話ってさ~

先読めるよね~だからもう心理情景を書くしかないんだよね~
でも自分はそこを書くのが楽しいのです。
読んでる方が楽しいかどうかは、客観的に見れないので、判らないんですが…

バナーは…つーか、これで充分ですよ~
サクさんとこと違ってあっちとこっちじゃ違いすぎるから…www
向かうからこっちに来てもらうには、あまりに差がありすぎる…
キャラで遊びすぎ…これからも…つか、あげるよ。ルーとファルのやってるとこ2段!

すいません

勝手に絵を借りてバナーを作っちゃいました~(笑)。
こっちからサイさんの本宅へ飛んでもらうぶんには大丈夫でしょう?

うわ~!

すごい!!なんかブログのイメージが違ってくるかも…あ、そこが狙いか!
うれし~な~傷ついたアルス好物だあ~感涙…(ToT)
早くレイとアルス描きたい~っ!
一番のSMコンビなのにっ!(精神的に)
いっぱいいっぱいエロイのに…

よかった~

よろこんでもらえて。

そのSMコンビで魔窟用になにか描(書)きません?
見てみたいな~。
あ、でもサイさん忙しいもんね。

正確に言うと…

どっちもM気質でした~
それにプレイはそんなにないので、魔窟には無理ですよ~www
忙しい?…うんエロ画とアホ絵描くのにね(^◇^)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arrowseternal.blog57.fc2.com/tb.php/60-a4027e6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

君の見た夢 13 «  | BLOG TOP |  » 君の見た夢 11

プロフィール

サイアート

Author:サイアート
イラストと駄文を更新しております。

少年愛を中心としたシリアス重視なオリジナル作品でございます。

ゆっくりしていってね~

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

最新記事

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する