FC2ブログ
topimage

2019-09

カノープス(水先案内人) - 2011.06.25 Sat

メルキゼデク・カミオ・ユージンことメルくんです。

七夕も近いので、天の川の渡し人になってもらいました。

ちょっと派手だけど。

メルキゼデク

メルくんはかなりのご贔屓になりそうですなあ~
何考えているのかわからんとこがス・テ・キ、うふ

メルコスプレ9

物語のキャラが増えていくのは、色んな角度から考えることができるので、作り手としては楽しい。

読み手は面倒だろうが…


イラストは背景の花など頑張ってみました~
つかれた…


お気に召しましたらポチなどして頂ければ、嬉しく思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


● COMMENT ●

こんにちは~
もうすぐ七夕ですね、でも現行暦だと梅雨空で可愛そうに思えます、なので七夕は旧暦のほうが相応しいかもしれませんけど…。しかも旧暦だと舟の形をした半月が必ず空にいますから。

そういえば、カノープスといえば東洋では「南極老人星」と呼ばれますけど、老人じゃなくてよかったです(笑)

うちの田舎では旧暦でやってました。
小学生の頃は七夕の日は朝から、うちの田んぼの青い稲穂の露をコップに取って(稲穂の上をつつとコップを移動しながら露を取るのです)その露で墨を吸って墨汁を作るのですね。透明な水から擦るのですからなかなか書けるまでは時間がかかります。
やっと墨汁ができたところで、短冊に願いを書きます。
残ったら七夕きごう会用にお習字します。
デカイ笹に折り紙で色んな形の飾りを作って飾ります。
それを眺めながらスイカを食べます。
終わった笹飾りは裏の木にずっと繋いで風化していくのを眺めます。

そんな田舎の七夕でした。
今の都会の子供には信じられないでしょうねえ~

うん、中国では老人みたいに言われてるねえ~中国の老人はみんな敬うからねえ~若者はガキだとしか扱われない。でもやっぱ美しい少年もしくは青年しか興味ねええ~(;´∀`)
日本は昔から少年をめでる習慣があって、まじで良かった。

七夕の思ひ出

こんばんは。
朝露の水で墨を磨るというのは、ゆかしい習慣ですね、何かの本で江戸の町ではサトイモの葉っぱの朝露で墨を磨ったというのを読んだ記憶があります。

大昔、保育園で短冊に願い事を書いた記憶はありますけど、確かマジックを使ってました(^^;)

七夕というと、物語の中ではカササギが羽を連ねて天の川にかかる橋を架けるとか…、なかなかスペクタルではあります。

はい、日本で良かったです(^^)

うちの家は古いしきたりが厳しかった方だと思います。回りにそんな風にしてたかどうかは全く知らないですからね~
昔は麻で出来た蚊帳に寝てました。雷が鳴ると神棚(おこうじんさんと言ってましたね)の下に縮こまってました。日の出を毎日祖母は拝んでいました。お盆は藁の船にお飾りものを入れて前の川に流します。帰りは決して後ろを向いてはいけません。祖先の魂を迎えて送るのがお盆です。送った後のガランとした家の中の空虚な様は今思い出しても、ああ、ご先祖様がお帰りになったのだな…と感じていましたね。
そういう田舎の体験は貴重でしたが、同時に閉鎖的な環境だったので、都会に憧れてはいましたね。
都会には都会の楽しさがありますからね。

稚児を愛でるという日本古来の歴史を紐解いてみると、ゲイの当たり前に驚かされますね。今「禁色」を再々読してますが、この三島氏の言葉の匠さにうっとりします。それと同時にこの時代に生きていくのは大変だったろう…と、可哀相にもなりますね。

メルも 真の名を 持っているのですね。
何を考えているのか分からないとは 神秘的で いい~♪

背景の花も サイアート様が 頑張られたので 透明感があるのに 華やかで素敵♪( ≧▽≦)b Good Job!

七夕の7月7日は 去年亡くなった父の誕生日、今年は いつもと違った 七夕になるでしょうね。
晴れて欲しいなぁ~
◇。゚。┗┫┣┻。゚。☆  短冊◇(o・ω・人) 願ぃ事♪...byebye☆

うちの父は三月三日が誕生日ですわ、まだ生きてるけど~
でも昔は旧暦でお祝いしてたから桃の節句も七夕も四月と八月なんですよねえ~

お父さん、きっと天の川で見守っていらしゃるでしょうね。
頑張って生きていこうねファイトォ*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*!!!☆


管理者にだけ表示を許可する

Private Kingdom 4 «  | BLOG TOP |  » 天使の楽園、悪魔の詩 その五

プロフィール

サイアート

Author:サイアート
イラストと駄文を更新しております。

少年愛を中心としたシリアス重視なオリジナル作品でございます。

ゆっくりしていってね~

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

最新記事

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する