FC2ブログ
topimage

2019-09

浄夜 その一 - 2011.07.31 Sun

メル裸2


 高等部の僕の寄宿舎の部屋から見る夜空は美しい。
 星月夜も格別だが、下弦の三日月は昔、絵本で見たゴンドラに似て、夜天を漂っているようだ。
 今夜は晴れ。星も月も隠れる雲はない。
 きっと、今夜、彼はやってくるだろう。


「メル、来たよ」
 ベランダの硝子を二回叩き、ドアを開けて姿を見せたのは、アーシュ。
 僕より二つ下の中等科の二年生だ。
 二階にある僕の部屋に、椋木を昇ってやってくる。
 十一月のこの時期、空気は冷たく、夜露は霜柱に変わると言うのに、彼はパジャマの上にタフタのコート一枚を羽織ってやってくるのだ。

 部屋に入れたアーシュの身体を、僕はそっと抱きしめる。
 暖めるには一番手っ取り早いからだ。
 アーシュも嫌がらない。
 ふふと笑い、「メルはいつもあったかいね」と、身体を摺り寄せる。
 もうすぐ13になるアーシュは伸び盛りだが、僕よりも頭ひとつ程低い。
 濃い褐色の柔毛から、いつものように薄荷草の匂いがする。
 瞳を見つめる。
 今夜は嫌に艶っぽい。
 その意味は聞かなくてもわかっている。


 浄夜 


 アーシュを見たのは、彼が学長のトゥエに拾われたその日だった。
 保育所に連れてこられたアーシュは、とても小さかった。
 保育所では幼子は珍しくないし、赤子だってよく見ていた。だけどこんなにも生まれたてを見たのは初めてだったから、その小ささに驚いた記憶がある。
 純真無垢な姿に誰もがかわいいと微笑んだ。

 赤子のアーシュの髪の色は薄い灰色だった。
 瞳の色は今と変わらず、深淵の藍色。星が散らばっている。
 彼は捨て子にもかかわらず、誰彼構うことなく感情をばら撒かせ、元気に泣き喚き、笑い、甘えていた。
 当然の如く、誰もがこの子を愛しく思い、大事に育てた。
 アルトは他人を信頼したり、愛したりすることは苦手だ。
 対応する相手の心の複雑さにこちらが疲弊してしまうからだ。
 もし誰かを愛してしまったら、頼りきってしまったら…後はいつか来る裏切られる日を恐れて生きなければならなくなる。
 愛も信頼も、初めから無いほうがマシだと、僕ら、アルトは考える。
 より力を持ったアルトは余計にそうだ。だって、他人を頼る必要がないのだから。
 ただ、アーシュの無垢なかわいらしさは、信頼や愛とは関係なく、「癒し」として保育所の皆を幸せにした。

 アーシュには生まれ持った品格があった。
 彼は生まれながらの王かも知れない。
 だが、それを気づかせない通俗的な観念の姿でいるから、粗方は誤魔化された。
 彼は民を弾きつけるには、万全の姿で存在する。

 僕は彼をずっと見ていた。
 彼に惹かれ続けた。
 彼を振り向かせたいとか、愛し合いたいとかではない。
 彼の心と身体を犯したいという俗物的欲望だった。
 また、同時に彼の足元に平伏したい。とも願った。
 この相反する欲望は、歳を追うごとに膨らみ続け、だが比例して、それを抑える理性も育っていくものだから、僕の中で見事に調和されつつあった。

 13の時に「真の名」を学長から与えられた。
 学長トゥエの前に跪き、その名を頂いた時、僕が求めるものは、この力で何を示せるか、の答えだけだった。
 僕の為すべき道をトゥエに質した。
 「君はカノープスだよ、メルキゼテク。時代を導く者」と、彼は言う。
 その言葉を僕はこう解釈した。
 時代を導く者を、導く案内人。
 ではその導く者とは一体誰だ。
 …聞かなくても知っていた。
 だから僕は聞いた。
「アーシュは…何者なのでしょうか」と。

 トゥエはそれぞれの両手の人差し指を天と地に向けた。
 これもまた、無限の解釈ができる。
 見る者の受け取り方は千差万別だ。
 光と闇を統べる者、その逆。
 それを統一する者、または壊す者。
 均衡。新しい未来…
 そして、無。

「未来は動いています。彼が何を選ぶか、私にはわからない。だが彼に委ねるしか無いのです」
「では、ルゥは…ルシファーの存在は」
 僕はこの時点でルゥの「真の名」がルシファーだと突き止めていた。
 後に続く名はどうだっていい。最初の名が総てなんだ。
「ルゥはこのサマシティの子ではない。我々の未来とは関係がないのです」
「だけど、アーシュはルゥを選んでいる。ならば未来は彼を引きずりこんでいる」
「彼はここに居る存在ではない。彼もそれを知る時が来る。それまでの仮宿なのです」
「…」
 アーシュはそうは思ってはいまい。


 ルゥはアーシュが4つの時に拾ってきた子だった。
 繊細で綺麗な子だった。アーシュは彼を「セキレイ」と呼んだ。
 その名によりルゥはアーシュの刻印を受けている。
 彼らは双子のようにくっついて遊んだ。
 僕はうらやましくてたまらない。いや、保育所の誰もが彼らを羨んだ。
 すべてを委ねあう者が、親のない僕らにはいないからだ。

 アーシュは僕の存在を意識していなかった。
 保育所で育ち、ずっと一緒に暮していながら、彼にとって僕は他の子と同じ大勢の中のひとりでしかないのだ。
 彼は天性の無頓着さで、他人を自覚しない。
 彼の目に認められた者が、彼との絆を繋ぐ事ができるのだ。
 それは王である彼に許された傲慢さであろう。

 僕は待った。
 彼が僕に気が付く、その日を。
 彼が僕を求める、その日を。






「浄夜」 2へ

「Private Kingdom 」9へ

「天使の楽園、悪魔の詩」7


お気に召しましたらポチなどして頂ければ、嬉しく思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

● COMMENT ●

メル視点からのアーシュは、 カッコイイ!
ずっと 近づきたかったアーシュとの距離が縮まって 嬉しいだろうな、メル♪

アーシュに 特別なモノを感じてるのに 俗物的な欲を抱いてるのが、結構 興味深いなぁ

トゥエ学長から ルゥの未来に関する話しが!
今のアーシュは、ルゥが帰って来ると信じてますけど  仮宿には帰って来ないの?

昨日の絵も 今日の絵も 見れば見るほど メルって 妖しい魅力が溢れてる人
彼と比べると ベルって まだまだ お子ちゃまですよね
怪し───Σ(`Д´;)───ィ!byebye☆

アーシュについては、本人やベル視点でも書いてるけど、それぞれ違ったものでいいと思ってます。
自分ですら自分がどう思われてるとかわからないからね。
メルはベルとはまた違う感情ですね。
彼はベルにもルゥにもなれないと知っている。
つまり内側には入れないと。
だから、外側から彼を監視する役目を背負っている。
まあオブザーバーってわかっている子ですね。

「所詮僕は脇役さ」


管理者にだけ表示を許可する

浄夜 2 «  | BLOG TOP |  » ばかっ!ップル

プロフィール

サイアート

Author:サイアート
イラストと駄文を更新しております。

少年愛を中心としたシリアス重視なオリジナル作品でございます。

ゆっくりしていってね~

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

最新記事

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する