FC2ブログ
topimage

2019-11

Private Kingdom 18 - 2011.11.10 Thu

アーシュセキレイ表紙


18、
 ジョシュア達の所為で着れなくなった制服の代わりにと、イシュハは自分の古着を二着分俺にくれた。
 その一着分をセキレイに渡した。
 余分な服を持たない俺達は大喜びだ。
 イシュハの中等科の制服は、俺とセキレイにあつらえたようにピッタリだった。
「俺の分もあげられた良いのに」と、傍らでベルが済まなそうに言う。
 ガタイがよく、僕らよりも頭ひとつ以上背の高いベルの中等科の服は、俺達には大きすぎて古着になったとしても着れそうもない。
「本当にいつまで背が伸びるんだろう。天上まで届きそうだよ。君達を見下ろす気なんてないのにさ」
 部屋の低い天井にジャンプをして、ベルはガムを貼り付けた。
 少年達のしがない自尊心の勲章だ。
「だけどさ、僕の知る限り、この学園の生徒で聖人に近いのは、ベルしかいないと思うよ」
 わざとらしく丁寧にセキレイがベルに向かってお辞儀をする。
「だから、遠慮せず俺達を見下ろせって言っているのさ」
 俺はベルを指差す。
「誰が?」
「身長の神様」
「…いらぬお世話。まあ、そのうち背は止まるよ。そしたら君達は遠慮なく俺を追い越してくれ」
「…ベル。もし、俺らが君の背の高さまで追いつくことができたとしても、その頃はきっと学園を卒業していると思う。だからお気遣いなくに君の制服は着古してくれ」
「残念だよ。エドワードに言えば、君達の分だって、すぐに作ってやれるのに…」
「ベル、それは禁句だ」
「…悪い」
 俺達は可哀想な子供ではない。だから施しは最低限で結構。


 珍しくセキレイより先に目が覚めた。
 まだ、夜明け前だ。
 隣りにいるセキレイの鼓動が触れ合った俺の肌に響いてくる。
 昨晩は飽きるまでずっと抱き合っていた。
 そしてお互い裸のまま、疲れて眠ってしまっていたんだ。

 俺の肩に顔を摺り寄せて眠るセキレイを起さぬように、横向きになり、彼の身体を緩く抱いた。
 すると俺の努力もむなしく、セキレイは目を覚まし、寝ぼけた声で「おはよ」と、呟く。
「ゴメン、起したね。まだ、起きるには早いよ」
「アーシュ…君が先に起きてるなんて珍しいね…どうしたの?」
「別に…」
「メルが気にかかる?」
「それもあるけれど…まあ、そっちは片付いたからね」
「じゃあ、ジョシュアの方?」
「うん。こちらの思い通りにコトが運べばいいんだけどね」
「ふふ」
「何?」
「アーシュにできないことなんかあるの?」
「俺は神でも悪魔でもないんだよ。この世は思うようにならない事だらけだ」
「だけど、アスタロト・レヴィ・クレメントは、絶対に諦めないんだよね。為す為の努力を怠らない。僕は感心するばかりだ」
「…どうしたの?セキレイ。まだ夢の続きでも見てるの?」
「…そうかもしれない…さっきね、夢でお父さんとお母さんがぼんやりと見えた気がしたんだ。メルの話を聞いた所為なのかな…」

 メルとの「senso」のよって、俺は彼の過去を手繰り、そして未来を歩ける道を明瞭にした。
 このトリップは俺にとっても、力の覚醒がより強力になっていることへの認識でもあった。
 この力をセキレイの為に使う時期は近い。だけど同時に彼との別れが怖い。
 セキレイへの執着を俺自身が整理をつけ、納得し、彼との別れを決心しなければ、彼をあるべき場所へ導くことは出来ないだろう。

「アーシュ、どうしたの?」
 セキレイの両手が俺の頬を緩く挟む。何も言わない俺に口付ける。
「ねえ、僕から欲しがっちゃ駄目かな?」
「いいや、何度でも欲しいって言って。俺はその為に居るって思わせて…セキレイ、君の望むものをすべてあげたい」
「じゃあ、朝食までずっと繋がっていたい。午後の授業は寝て過ごしても構わないから」
「君の言うとおりにする」

  いっそお互いの肌がひとつになれば良いのにね。
  それじゃ、快楽は得られない。
  確かにそうだ。ふたつのものが繋がるから、絡み合うから気持ち良いんだよね。
  永遠じゃなく、限られた時間だから、このひとときが何よりも愛おしく思えてくるんだ。
 

 予定どおり、午後はふたりして頭痛だと授業を抜け出し、いつもの秘密基地(廃屋)で休む事にした。
 ハンモックに揺られながら本を読む俺に、木のベンチに座って外の様子を眺めているセキレイが声をかける。
「メルのことだけど…」
「うん」
「大丈夫なの?」
「セキレイがメルの心配するなんてね」
 俺は本を置き、ハンモックに座りなおす。
「僕だって…両親が生きているかどうかわかんないからね。それに…ここに来るまでの4年間がどんなものだったのか…想像もできないんだよ。本当に両親と一緒に居たのか、それとも、初めから両親なんか居なかったのか…僕の見る夢はただの願望でしかないかもしれない…色々考えちゃうよ…」
 珍しくナイーブなセキレイに、俺もどういう言葉を紡いでいいのか、わからなくなる。
 もっとはっきりとしたヴィジョンが俺に見えれば、それがどんな辛いものであっても正確に伝えることができるのに。
 もっと、力が欲しい。

「あ、ベルが来るよ。なんか…すごい走ってるよ。ぎゃ、ベル、鴉に追われてるう~」
 鴉の騒ぐ声と共に、ベルが小屋に飛び込んできた。
「ベル、いささか五月蝿い家来を連れているねえ」
 鴉がはいりこまぬように慌ててドアを閉めるベルを皮肉った。
「あいつらは犬以上に鼻が利くのかな。きっとこいつの匂いに誘われたんだろうけれど…」
「あ、バターとハチミツのいい匂い。クッキー?…サブレだ」
 ベルは手に持ったピンクのハンケチの包みを、広げてテーブルに置いた。
「高等科のガールフレンドから貰ったんだ。焼きたてだから早く食えって。どうぞ」
「食べていいの?ガールフレンドってアルト?君以外が食ったら呪いがかかるんじゃない?」
「心配ご無用。お仲間の友人にもどうぞって、言ってたからね」
「そりゃ、ありがたい」
「将を射んと欲すれば…だな」
「僕達、馬なの?」
「まあ、馬でもなんでもいいけど、味次第だ…うん、まあまあ」
「美味しいじゃん」
「で、彼女の仲のいい友人が…こいつ」
 ベルはテーブルに置いた「イルミナティバビロン」の六人を写した写真のひとりを、指差す。
「OK。では、諸君。早速『イルミナティバビロン』殲滅の最終作戦を説明する。良く聞いてくれ」
「「ラジャー、キャプテン」」
 俺達は顔を見合わせて笑いころげる。


イルミナティバビロン


 作戦は開始された。
 まずはイシュハと俺が愛人関係にあり、俺に夢中なのだと、周りに吹聴することを頼み込んだ。
 勿論イシュハはいい顔をしない。もともとジョシュアを懲らしめるための仕掛けだ。だが、今のジョシュアではいけない、どうにかして救いたいと思うイシュハは、俺の計画を無碍にはできなかった。
 メルへの暴行のことは話さなかったが、言わなくてもイシュハは薄々感づいてはいたのだろう。「メルのためにも」と、自分から呟いた。
 「僕と君が関係しているというだけで、ジョシュアは誘いに乗るだろうか」
 イシュハはジョシュアがそこまで軽率ではないと疑っている。
 「まあね、冷静でいられるのなら、それは『本物』ではないと言う事だ。それに俺は彼の嫌いなアルトであり、危険なホーリーでもある。君から離れさせたいって思うのは、彼にとって当然だろうからね。ジョシュアの本気がどんなものか、イシュハは黙って見ててくれ」
 ジョシュアの居る前で、僕らは平然と手を絡ませ、キスを見せ付ける。平静を装っても、ジョシュアのオーラが青白く立ち昇るのが見える。俺は勝ち誇った笑みを彼に浴びせる。ジョシュアは背を向けて俺達の前から姿を消す。
 それの繰り返しだ。
 果たして、ジョシュアの忍耐がどこまで続くのか…


「君、ちょっといい?」
 授業が終わり、ベルとセキレイと三人で寄宿舎へ帰る途中、声をかけてきた女子がいた。
 ジョシュアの友人のひとり、マリオンだった。
「なんでしょうか?」
 高等科の美少女に突然に声を掛けられ、頬を染めるフリをしながら、俺は心の中で、やっと来たか、と、ほくそ笑んでいた。



アーシュ笑う


「Private Kingdom」 17へ /19へ

「浄夜」 8へ



お気に召しましたらポチなどして頂ければ、嬉しく思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



● COMMENT ●

ほくそ笑んでますね~この絵のアーシュ♪

細工は流々、仕上げは御覧じろ!って訳ですね!
どんな仕上げかな?((o(∇*)oウキウキo(∇)oワクワクo(*∇)o))

アーシュに目をつけられた ジョシュアを筆頭に秘密結社のみなさん、ご愁傷様~
チ─(´゚人゚`)─ン...byebye☆

あの~…血しぶきが踊りまくるような活劇はないです。
本当に悪い人が書けないんですよね~
そういう本当に憎たらしい悪人が出てくる話も書きたいんですが、多分描くといや~な気分になると思うんです、自分が。
なので、私の描く世界は真の悪人はいないことにしてます。
甘いんですがねえ~(;^ω^)
この世の中、あんまり理不尽な悪が多いので、色んなニュースを聞くと腹立たしいんですよ。だから自分では考えたくないですね。


管理者にだけ表示を許可する

Private Kingdom 19 «  | BLOG TOP |  » 浄夜 8

プロフィール

サイアート

Author:サイアート
イラストと駄文を更新しております。

少年愛を中心としたシリアス重視なオリジナル作品でございます。

ゆっくりしていってね~

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

最新記事

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する