FC2ブログ
topimage

2019-09

僕の見る夢 12 - 2008.12.03 Wed

「ちが…行って、ないよ」
目を逸らした俺を見て、麗乃は音もなく苦笑した。
「ユキはホントに嘘吐くのがヘタクソ」
「う、嘘じゃねえし…」
「もっと上手に誤魔化してくれりゃ俺も騙されてあげれんのにな」
「…レイ」
「怒ってないから…怒ったりしないから、話してくれねぇか。おまえがあっちの俺を好きなのは俺はちゃんと判ってるつもりだし…おまえがひとりで抱え込んで苦しむ事はねえんじゃねえか?」
「…」
だって…あいつが自殺未遂したって、それが全部俺が原因だなんて…おまえに聞かせたらおまえまで自分を責めたりすんじゃねえのか?…そんな事させれるわけねぇじゃん。

そうは思ってみても、香月はそういう事を俺から聞きだすのは怖ろしく手馴れてて、口ごもる俺を責め立てるわけでもなく誘導し、安々とものの見事にすべてを聞き出しやがった。
…なんでこうも俺はこいつには勝てないんだろ…情け無いにも程がある。

reinoyuki2

どうしようもなく自己嫌悪の極致に嵌っていると、麗乃が俺をそっと抱き寄せた。
「由貴人…自分を責めんじゃないって。おまえの所為じゃないし」
「だって…俺が向こうに行っちゃたから…」
「違うって。向こうの香月麗乃が…おまえを好きになって苦しんだ事も、おまえを大切に思って帰るように仕向けたのも、そいつがおまえの事を心から好きになったからだろ?…ユキ、考えてみ?人が人を好きになるて想いってどんだけ喜びが与えられる?凄い事だろ?向こうの俺はおまえに出会って、本当に愛するって意味を知ったんだよ。だからおまえに幸せになって欲しいって願ったんじゃん。だから…おまえが出来ることは本当に幸せになる事なんじゃねえのかな」
「だって…自殺未遂するくらい好きにならせて…そんで、ひとりほっぽいて俺だけ幸せになれるわけねえし…あいつの犠牲の上にある幸せなんて…俺望んでねえし…そんなの絶対おかしいだろ?」
「でもな、由貴人。おまえはこっちの住人だろ?きつい言い方すっけど、そいつの言う事は正論なんじゃねえかな」
「だからって…俺だってあいつの事好きなんだよ」
「…俺よりも?」
「…」
そんな事…訊くなよ。そんな事判るわけねえだろ?
おまえも向こうの麗乃も大好きな事に変わりねえじゃん。
「由貴人、両方を手に入れようなんて虫が良すぎるだろ?ましてや両方を幸せにしてやろうなんて、神様じゃねえんだから、平等に与えられるわけねえし…そんな平等な愛なんて欲しくねえんだよ、本当は」
「…レイ…」
「人間はエゴで出来てる生き物だろ?俺だってそいつだって、おまえの心全部欲しいに決まってる。だけどそいつは諦めたんだよ。おまえの事思って諦めてくれたんだよ。だったら、おまえも決めるべきなんじゃねえのか?」
「決めるって…」
「忘れてくれとは言わない。だけど…諦めてくれねえか…」
「そんで…おまえを選べって事か?」
「元々おまえは、俺のもんだったろ?」

…そうだったとしても…元に戻れるのか?
おまえは心のどこかであいつの事をいつまでも忘れないでいる俺を、好きでいてくれるのか?
あいつを諦めたとしても…絶対におまえを苦しませたりしないって言えるのか?
俺はおまえにそういう罪悪感みたいなものを感じて付き合っていかなきゃいけないのか?

「由貴人、好きだよ…」麗乃が突然俺を求め始めた。
俺は慌てて抵抗する。
「ダメ…だ。レイ…」口唇を深く塞がれると俺が抵抗できなくなるの判っててやるんだ。
だけど今はそんな気分じゃないし。
「麗乃、今日は…ヤダから」
逆らっているのに麗乃の手がすばやく俺の服を脱がしていくから、どうしようもない。
「今しなきゃなんねえんだろ」
「なんで…」
「おまえが欲しがってんのが何か、判らせる為にするの。それに…忘れてっかもしれんけど、今日は俺の誕生日なんだぜ、一応な」
そこまで言われて止める権利はないだろう。
俺だって誕生日に何も出来なかった後ろめたさはあるよ。


麗乃は優しかった。
痛みも快楽も俺の欲しいもの全部与えてくれた。束縛と言う嫉妬心さえ嬉しかった。
今だけでもおまえに必要とされてるのが嬉しくて…

「由貴人…好き…誰にもわたさねぇから…」
「れ…い、んあ…あ…っ!」

突き上げる度に身体中が震えた。何も考えなくて良かった。

良くて…良くて…ただ麗乃の優しさに感謝した。






あなたは優柔不断のユキを許せますか?

● COMMENT ●

う~ん

私の性格的にはユキは許せないですね。
まるで私の妹を見ているようで(笑)。
妹もすっごい優柔不断で、なにも自分で決められなくて、
その結果、いまだに独身ですよ。
見た目がよくてモテるから、常に男は切らさないんですけどね。

それにしてもこの麗乃、いい顔してますね!

遅れましたが…

メールフォームありがとうございました。
メールが来るかはわからんけどね~^_^;

由貴人は自分とも全然違うんで、書いてる自分もびっくりです。多分自分は麗乃に近いので、そのユキの新鮮さにクラクラとキテるのかもですな~wwwリュウとは違った意味での魔性の…ですがな。

妹さん、独身ですか?うちの悪友も未だに!独身の豪華マンションひとり住まい!いつも年賀状はH満載の絵で送ってやりますwww

麗乃の悔しさが滲み出てる感じが出てて、ホント描いてて楽しかったです。SAIは何回も書き直しが出来るから自分には最高です。

sakutaさんにお願いですが…

メールフォームを試したけど、メルアドが必須になるんですよ。
これを必須じゃなくするにはどうしたらいいのでしょうか。
一応調べてみたが、スクリプトをいじるのが怖い…

メルフォ

公式プラグインのメルフォは全部必須みたいなので、
FC2サービスのメルフォに変えました。
さっきテスト送信したので、
ちゃんと届いてるか確認してみてくださいね。

届いてました~

ありがとうございます!
私も色々と覚えたいですわ。
ゆっくりとご教授願わなければ( ^^) _旦~~


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://arrowseternal.blog57.fc2.com/tb.php/94-a3b8df56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

僕の見る夢 13 «  | BLOG TOP |  » 僕の見る夢 11

プロフィール

サイアート

Author:サイアート
イラストと駄文を更新しております。

少年愛を中心としたシリアス重視なオリジナル作品でございます。

ゆっくりしていってね~

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

最新記事

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する